2014年12月31日水曜日

バシャール 第10惑星 ニビルの出現

質問:もう1つ質問してもイイですか?

バシャール:今質問しましたよ?

(笑)

質問:もう2つです(笑) 第10惑星はどうですか?ニビルとして知られる。

バシャール:あなたの人生で物理的に見ることは無いでしょう。

質問:分かりました、クールです。

バシャール:その影響については、どんな考えにせよその影響については、
皆さん個人の集合的意識が、そのシンボル、その概念との
エネルギー的な相互作用を通じて、創り出したいと望むものは、
あなたの人生において、影響を生み出します。

しかしその影響は、あなたがその概念、そのシンボルとの関係を作り出すことで、
自分の中で生み出しているのです。
しかし物理的に言えば、それが物理的に皆さんの領域に現れることは
かなり長い間無いでしょう。

質問:それは私の人生においてはということですか?

バシャール:いいえ。
皆さんの時間で、何百年も何百年も何百年もです。


今日はA Message for Japan、日本へのメッセージ(2011.6.17)のQ&Aより、バシャールの言葉を紹介しました。
宇宙ネタがしばらく続いてますが、このセッション、せっかくなのでもう少しお付き合いください(^^)
ニビルは未発見の太陽系の惑星で、この惑星が現れる時、不吉なことが起きるという噂があります。
しかし、何百年も何百年も何百年も見ることは無いそうなので、とりあえず心配の必要は無いでしょう(笑)

さて、365日で地球は太陽の周りをまわり、明日から新たな1年が始まります。
今年も1年間、本当に応援ありがとうございました。
お正月は、新たな気持ちで新しくスタートする、生まれ変わるということを強く意識できる期間でもあります。
そして皆さんは分かると思いますが、本当は毎瞬、毎瞬が、あらゆるすべての瞬間が新しい瞬間です。
ですからず~っとお正月気分でいれば、常にいつも新たな気持ちでいられますね(笑)
アッという間に太っちゃうでしょうが(^_^;)

来年は皆様がより本当の自分になって、もっとワクワクして、自分らしく生きられることを願っています。
そしてこのブログとメルマガが、少しでもそのお手伝いが出来れば幸いです。
では来年もよろしくお願いいたします。
あなたに夢をプレゼントします!

2014年12月30日火曜日

バシャール 月面の基地

質問:月に基地があるんですか?
本当はそこで何をしてるんでしょう?

バシャール:いいえ。(ノー)

質問:基地じゃない?

バシャール:ええ。(イエス)
あなたが話してるのは、あなたの星の何かということですか?

質問:はい。

バシャール:違います。(ノー)

質問:地球外存在?

バシャール:ええ。(イエス)

質問:そこで何をしてるのか教えてもらえますか?

バシャール:ダメです。(ノー)

質問:分かりました。

(笑)

バシャール:それはいつか話します。
いつか話します。

質問:いつかですね。分かりました。

バシャール:ありがとう!

質問:ありがとう。


今日はA Message for Japan、日本へのメッセージ(2011.6.17)のQ&Aより、バシャールの言葉を紹介しました。
ほとんどイエスとノーだけのシンプルな会話でしたが(笑)
月面にあるものについては、バシャールはたびたび「何かある」というようなことを語っていて、
それ以上のことについては「今は詳しく話せない」と言うのがほとんどです。
やっと今年になって、例の三連体のセッションの時に、地球の月には「マスコン」という物質が埋められていて、それが地球安定化のために起動された、というような話をしてくれました。
このセッションでは月について、かなり語ってくれたのですが、まだまだ謎がいっぱいの「月」です。
あ、そういえば最新のセッションでは「月に人類が着陸したのは間違いない」と語ってました(笑)
※インターステラー(映画)では、ソ連弱体化のための作り話になってましたね(^_^;)

それでは今年も残り1日、今夜もあなたに夢をプレゼントします!


2014年12月29日月曜日

バシャールの時間軸に存在している地球

質問:あなたの次元の時間軸の地球はどうなってますか?

バシャール:地球は存在しています。
そしてとてもとても、とってもハッピーな人たちでいっぱいです。

(笑)

そして彼らは、人間だけではありません。

質問:しかしグレイはもう繁殖出来ないんですよね?
その地球で。

バシャール:出来ません。彼らは別なパラレル・リアリティから来たんです。
私の時間軸では、その意味では、
あなたが地球と認識している惑星は、あなたにとっては地球と認識出来ません。

質問:前に言ってましたが、確認ですが、
あなたの惑星と太陽系は別なところに存在しているという・・

バシャール:私たちは別の次元の現実に存在しています。
私たち独自の物質性も持っていますが、
しかし、皆さんが私たちの宇宙の領域を訪ねるには、周波数をシフトさせないといけません。
そうすれば私たちのリアリティが、皆さんのものと同じように物理的に見えるでしょうが、
もし私たちのリアリティを、皆さんのリアリティにある意味重ねるならば、
私たちはおよそ、相対的に皆さんの位置から、オリオン座の方向の500光年先にあります。


今日はA Message for Japan、日本へのメッセージ(2011.6.17)のQ&Aより、バシャールの言葉を紹介しました。
このエササニの地球から見た位置、オリオン座の方向の500光年先というやつですが、
これはアラン・スタインフェルドのインタビューの中でも、何年も前にまったく同じことを言っていて、
それが話の流れの中で唐突に、そして自然に、スラスラ出てくるのが神業だなぁと感じます(^^)
それでは、あなたに夢をプレゼントします!

2014年12月28日日曜日

バシャール 素敵なホリデー・シーズンを!クリスマス・カード

オフィシャルのメーリング・リストでバシャール・コミュニケーションズからクリスマスのカードが届いています(^^)/

素敵なホリデー・シーズンを
バシャール
ダリル・アンカ
エイプリル・ロッシェル
バシャール・コミュニケーションズのチームより



そしてリンク先にはクリスマス・プレゼントとしてバシャールの限定映像が!


バシャール:
皆さんの人生で起きることはすべてがプレゼントです。
あなたがそんな風に受け取れば
そんな風に体験ができます。
そしてこれからの一生を、プレゼントを開けながら過ごせるのです。


オフィシャルのメーリング・リストにはバシャールのホームページから誰でも無料で登録ができます。
http://www.bashar.org/
このページ右下のenter email addressと書かれてあるボックスにご自分のアドレスを入力して、
SUBMITと書かれたボタンを押してください(^^)

それではあなたに夢をプレゼントします!
素敵な年の瀬を!

2014年12月27日土曜日

バシャール365+1 基本原理9 ファイナル 自分にとっての真理を生きる

バシャール:そうすれば、約束します。

私が約束するだけじゃなく、無限の宇宙が約束しています。

あなたは自分の起こした変化の結果を受け取るでしょう。

すべてのレベルで自分が起こす限りの。

思い、言葉、行動。

信念、感情、行動。

その回路を完成させて下さい。
自分の信念を信じて下さい。いつもそうして来たように。

そして現実、宇宙、無限なるものは常に皆さんをサポートします。
今まで常にそうして来たように。
しかしそれは、皆さんが自分にとって一番真実だと思う信念の度合いまでしか、
その方向にしかサポートできません。

しかしその真理とは何かを定義するのは、あなた次第なのです。
なぜならその秘密は「あらゆる真理は真実である」。それが無限なるものの性質です。
じゃなければ、無限になりません。さあ、なりますか?


今日は明日配信の12月のメルマガ(定期号)から、「基本原理」についてバシャールの言葉を紹介しました。
1年間に渡って取り組んで来た「基本原理」の紹介がいよいよ、12月号を持って完結となります。
「基本原理9 ファイナル 自分にとっての真理を生きる」は明日12月28日の朝、7時に配信します(^^)/

あなたも読者になって、ぜひこの活動をサポートしてください!
よろしくお願いいたします。
メルマガ バシャールからのメッセージ
http://www.mag2.com/m/0001366294.html

2014年12月26日金曜日

バシャール 月の転生ブロック説

質問:あなたに聞いてみたい説があります。
月が、地球の魂が他の星に転生するのをブロックして、地球に戻って来るようにしてると言うのです。

バシャール:二言です。馬鹿馬鹿  しい。(non sense)


(笑)

質問:分かりました。

(笑)


今日はA Message for Japan、日本へのメッセージ(2011.6.17)のQ&Aより、バシャールの言葉を紹介しました。
今週はメルマガの定期発行週なので、そちらに時間を割くためブログは短いエピソードを中心に紹介しています。
基本的にバシャールの答えは、とってもシンプルで、そこが魅力ではないでしょうか?
では、今夜もあなたに夢をプレゼントします!

2014年12月25日木曜日

バシャール 太陽系各惑星の生命と意識

質問:長い質問に答えて貰えますか?

バシャール:今のがそうじゃないですよね?

(笑)

質問:違います(笑)
太陽系の冥王星から太陽までの各惑星にいる存在について、その歴史と描写を短く説明してもらえますか?

バシャール:皆さんの現実において、太陽系には、今は他の惑星に元々いる存在はありません。

質問:高い密度にもですか?

バシャール:高い密度、高い非物質的な次元のレベルには、
皆さんの太陽系のすべての惑星と関係する様々なタイプの意識があります。
それについて、今すべては説明しません。
こういえば十分です。
かつて火星と木星の間にあった、今の小惑星帯に生命が存在しました。
そこが破壊されると、生命は火星が生命が存在できるようになった時、そこに転生しました。
そこに生命が住めなくなると、転生は皆さんの星、地球に移りました。
だからある意味、ホップ、ステップ、ジャンプのようなことがあったのです。
皆さんの太陽系の、少し異なる形態の生命が住める様々な惑星を通じて。
それらは皆、ある程度まで人間型(ヒューマノイド)と呼べるものですが、
皆さん人類と、そっくり一緒というわけではありません。

他の惑星と関わっている、高いレベルの他の意識に関して言うと、
これらのほとんどは、皆さんのいう高次元の非物質的存在であり、
皆さんの現実では、大体、光の存在として現れます。
彼らは色んな方法で現れることができ、彼らの多くが、皆さんの星と様々な方法で交流しています。
しかしあなたが短くとリクエストしたので、今はそのすべてに立ち入りません。


今日はA Message for Japan、日本へのメッセージ(2011.6.17)のQ&Aより、バシャールの言葉を紹介しました。
今週はメルマガの定期発行週なので、そちらに時間を割くためブログは短いエピソードを中心に紹介しています。
ここで語られた話は、今年、2014年の「星間エニアグラム」のセッションでさらに詳しく語られることになります。
あなたに夢をプレゼントします!

2014年12月24日水曜日

バシャール ハッピー・ホリデーズ!ポートレート集

メリークリスマス!
皆さん、楽しいクリスマスを過ごしてますか?
今日はクリスマスにちなんだダリル・アンカのポートレートと、クリスマスのイラストをまとめてお届けします!
すべてFacebookから集めたものです。
どうぞご覧ください(^^)/















2014年12月23日火曜日

バシャール 地球空洞説の実際

質問:こんにちは、バシャール。お会いできてうれしいです。

バシャール:こんにちは。

質問:たくさんの質問に答えてくれてありがとうございます。

バシャール:私は皆さんがすでに知っていることを、反射して返しているだけです。

質問:私ももっとたくさん質問します。

バシャール:分かりました。私はもっとたくさん反射します!

(笑)

質問:少し違う話題ですが、地球は空洞ですか?
そこに住んでいる地球内部の文明があるんでしょうか?

バシャール:いいえ。あなたが言うような物理的な意味ではありません。
そのような空間の中にいると気づいた人たちは、実際は別な次元の領域にいるのです。
それは本当の、物理的な地球の内部ではありません。
皆さんの星の表面には、洞窟やトンネルの少し地下にゲートウェイやボルテックスが存在し、
人間を別なリアリティに導きます。
彼らはそれでもなお地球の内部にいると考えますが、しかしそうではありません。
だから地球はその意味で物理的に空洞ではありません。
内部に物理的な文明もありません。
そのような人たちは、別のリアリティ、別の次元にシフトしているのです。


今日はA Message for Japan、日本へのメッセージ(2011.6.17)のQ&Aより、バシャールの言葉を紹介しました。
今週はメルマガの定期発行週なので、そちらに時間を割くためブログは短いエピソードを中心に紹介しています。
この地球空洞説はバシャールの初期のチャネリング本(1980年代後半)でも、同じ質問がされ、
バシャールはほぼ同じ答えをしていたと記憶します。
30年間、ほとんどブレないというのも、バシャールの凄いところだと思います(^^)
あなたに夢をプレゼントします!

2014年12月22日月曜日

バシャール ある程度理解した=分かってない

バシャール:それが言いたいことです。

質問:分かりました。ある程度は理解しましたが、・・

バシャール:ああ、ちょっと待ってください。
ごめんなさい、失礼。
さえぎる訳じゃありませんが、人間の言葉について、もうちょっと明確にさせてください。

「ある程度理解しました」という言葉の意味は「私は分からない」です。

なぜなら分かったか、そうでないのかだからです。
ある程度まで、だんだん理解して来ているというようなことはありません。

質問:よく私をご存知です(笑)

バシャール:私は皆さんすべてを、とてもよく知っています。


今日はA Message for Japan、日本へのメッセージ(2011.6.17)のQ&Aより、バシャールの言葉を紹介しました。
今週はメルマガの定期発行週なので、そちらに時間を割くためブログは短いエピソードを紹介しています。
常に今を100%を生きるバシャールは、「やろうとしてる」とか「ある程度」とかいった、曖昧な表現にはめっぽう厳しいです(笑)
常にどちらか100%なんですね。
「不足」の定義もそうでしたが、バシャールとの会話の中では、直されることがたくさん出て来ます。
それにより私たちの考え方が変わり、生き方が変わって行くような気がします
いえ、変わります!(笑)
では今夜もあなたに夢をプレゼントします!

2014年12月21日日曜日

バシャール 豊かさ

質問:こんにちは、バシャール。

バシャール:こんにちは!

質問:私が持っている「不足」についての信念の仕組みで助けて欲しいんですが。

バシャール:不足?

質問:人生のお金です。

バシャール:はい。少し待ってください。
あなたのいう「不足」が、本当は、あなたが何か不足しているという意味じゃないのは分かりますか?

質問:ええ。

バシャール:皆さんはすべて、つねに、完璧に、全体として豊かです。
あなたが言ってるのは単に、自分が「不足における豊かさ」を創り出したということです。

質問:そうです。

バシャール:ですからあなたが変えようとしてるのは、単に豊かさのスタイルなのです。
今以上に豊かになろうとしてるのではありません。
なぜならそれは不可能だからです。

質問:そうです。

バシャール:皆さんすべては、これまでそうであったように豊かです。
なぜなら皆さんには「創造」の、全体的な無条件のサポートがあるからです。
ですからあなたが考えようとしているのは「豊かさ」の定義です。

質問:その通り。

バシャール:そして私たちの定義の1つは
「する必要のあることを、する必要のある時にやれる能力。」以上!
私がお金について何か言いましたか?

質問:言いませんでした。だけど私が持ち出します(笑)

バシャール:ああ、そうですか。そんな感じがしました。(´Д`)

質問:ええ。私のことをよくご存知で(笑)

バシャール:皆さんが「変える時」(change)と言う時は、「両替」(coins:お金)の意味だったりします。

質問:そうですね(笑)

バシャール:それが全部です。(´Д`)


今日はA Message for Japan、日本へのメッセージ(2011.6.17)のQ&Aより、バシャールの言葉を紹介しました。
今週はメルマガの定期発行週なので、そちらの時間を確保するため、
ブログは短めの、ホッと一息付けるトピックにしたいと思っています。
よろしくお願いいたします。
あなたに夢をプレゼントします!

2014年12月20日土曜日

バシャール 続・放射能のブロックと除去

バシャール:いいですか?
しかし、これは言いましょう。ちょっと待ってください。
ちょっと待ってください。
ちょっと待ってください。
(タンタンタン。舌を鳴らしながら首を廻す)

これはとても変に聞こえるでしょうが、

構造に目を向けてください。
骨の泡構造に目を向けてください。
ケーキの泡構造に目を向けてください。


特定の物質が要求される働きをするために、いかに構成される必要があるのか、
それについて重要なことを理解するために。
(タン。舌を鳴らす)

質問:前のアンテナですか?

バシャール:いいえ。前の放射能の質問です。

質問:吸収する?

バシャール:ええ。
骨の泡構造に目を向けてください。
ケーキの泡構造に目を向けてください。
その物質が、この仕事を効果的に行うために、
必要なパターン化の構造の特性を理解するために。

そしてまたある種のワックス(ろう)も助けとなることが分かるでしょう。
夢の中でフォーカスしてみてください。
黄金の、明るい黄金色のワックス(ろう)に。
別な存在がさらなる理解を助け、力を貸してくれるでしょう。
ここから先は彼らが引き受けます。

質問:別な存在ですか?

バシャール:ええ。私以外の別な存在です。

質問:それはポタムス(Potamus)のワックス(ろう)じゃないですか? 
※テレビアニメのキャラクター?
ビーズワックス(蜜蝋)・・

(ピーター・ポタムス)

バシャール:(無言でなるほどね、という表情。爆笑。)

質問:分かりました。どうもありがとうございます!
エササニの古代語でありがとうは何て言うんですか?

バシャール:状況の文脈に応じて色々あります。
しかし私たちが前に使ったもので、1番簡潔に要約すると「ハッアトウ」です。

質問:そうですか。ハッアトウ。

バシャール:サンキュー。


今日はA Message for Japan、日本へのメッセージ(2011.6.17)のQ&Aより、バシャールの言葉を紹介しました。
ということで泡構造のポリマー物質、プラスチック、金属、そして黄金のワックスが鍵を握っているようです。
放射能のブロックは可能だということです。
一日も早く、その技術が実用化されますように。
あなたに夢をプレゼントします!

2014年12月19日金曜日

バシャール365+1 2015年秋のコンタクト・イベントの可能性に備えよ!

今週もメルマガの号外を配信いたします!
バシャールが語る2015年秋のコンタクトとは!?
明日、12月20日(土)の正午、昼12時に配信いたしますので、
興味のある方、応援してくれる方は、ぜひ奮って登録してくださいm(__)m

ちなみにタイトルはシンプルに365+1としました。

さあ善は急げ!急いで登録! ↓↓
メルマガ バシャールからのメッセージ
http://www.mag2.com/m/0001366294.html

皆様の登録をお待ちしていますm(__)m

バシャール 放射能のブロックと除去

質問:そして現在の放射能の脅威についてです。
緩和し、減らすために、どんな手段が取れるでしょう?

バシャール:今皆さんの星にそのような放射能を実際に完全に吸収し、ブロックする、
何らかのポリマー構造物に取り組んでいる人々がいます。
これはあと3年から5年の間、ある程度の改良が必要ですが、そのような装置が研究され始めました。
ポリマー(重合)物質、ある種のプラスチック、そしてプラスチックの中に注入されたある種の金属は、これらの種類の放射能を実際にブロックし、吸収します。

質問:ありがとうございます。何かほかにこのプロセスを助け、加速できることはありますか?
3年から5年、放射能を吸い込むのは、それでもかなり有害ですから。

バシャール:ええ、可能なことはありますが、
問題は皆さんの星の人々が、それを進んでやるかどうかです。
私たちの方ではありません。皆さんの問題です。

質問:確かに。それは知識が足りないのですか、それとも行動を起こす意志が足りないのですか?

バシャール:それは特定の方向に行動を起こす意志の欠如です。
皆さんはこれらを迅速に達成するのに必要なすべての知識を持っています。
こんな風に説明しましょう。
皆さんが現在手近に持っている知識で、実際この状況を、全体で3か月から6か月で緩和することができます。
(タンッ。 ネ?という感じで首を傾ける)

質問:詳しく説明してください。

バシャール:ノーです。

質問:それが唯一の方法ですか?

バシャール:いいえ?

質問:えー、こだわるのは謝りますが、出来るだけたくさんの情報を集めたいと思うんです。
時間的に助けるために。

バシャール:なら、どうぞ自分で情報を集めてください。

私たちは与えることが許されるものは、あなたに与えました。
皆さんのプロセスを邪魔することなく。

それは私たちには許されないのです。
なぜなら皆さんがいくつか自分で発見しようとしていることがあり、
それが私たちが話していることの発見と、実現を可能にするのです。

そしてもし私たちが情報の断片をただあげると、
皆さんが自分でする必要のある発見が、回避されるおそれがあります。
それは出来ないのです。

質問:分かりました。

バシャール:いいですか?
しかし、これは言いましょう。ちょっと待ってください。


今日はA Message for Japan、日本へのメッセージ(2011.6.17)のQ&Aより、バシャールの言葉を紹介しました。
放射能の対策について、連れないバシャールですが、青年はイイところまで来ました。
この後バシャールは、大きなヒントをくれます。
それはまた明日、お伝えします。
あなたに夢をプレゼントします!

2014年12月18日木曜日

バシャール 最新セッションがついに配信開始!

オフィシャルサイトよりバシャールの最新セッションの配信が開始されています!
http://www.bashar.org/downloads.html

12月5日(金)「あなたは臨"生"体験をしてますか?」
7つのパートのマスター許可証について。

12月6日(土)「ブラック・ボックス」
うまく行かない人生の原因は何にあるのか?(多分)

12月7日(日)「2015年-2016年 拡大と縮小の年」
2015年~2050年のかつてない詳細な未来予測。

これからダウンロードして、じっくり聞いて見ようと思いますが、
特に2015年-2016年の拡大と縮小ですね。
これは今までになく踏み込んだ未来予測で、2016年の秋の変化が
現時点ですべて網羅されています。
予告で「この期間、絶え間なく続く景色(landscape)の変化」と言っていたので
地形の変化じゃなきゃイイな、と思っていたのですが、
海面上昇による海岸線の変化でした(^_^;)
(2050年までに10~15m上昇、原発大丈夫?)

これからバシャールとヤイエルのエネルギー(周波数)が、
バシャールの宇宙船が1,000マイルまで降り、
セドナのボルテックスから地球に注入されるのだそうです!
このプロセスはコンタクトに先立って、加速のために行われるプロセスであり、
「ボルテックスへの供給」(Feeding the vortex)と呼ばれます。
エネルギー強制注入見たいな(^_^;)
それがアセンションかい!という感じなんですが、
これによりポジティブ・エネルギー、ネガティブ・エネルギーの現実化が、より加速されることになります。

またこの未来予測では、今までにないぐらい「経済の変化」が詳細に予測されています。
それは2016年の秋、アメリカの財政構造の悪化により、税制の変更が行われることに端を発するそうです。
国の借金が払えなくなり、財政が維持できないから、税金が上がるということですね(^_^;)
リフレの出口戦略に失敗し、予測を超えた金利の上昇があるのかも知れません。

いずれ、大事なセッションですので、今後このブログのどこかで触れたいと思いますので
皆さん、気長にお待ちください!
今日はバシャールの言葉は一服です。(^。^)y-.。o○
それではあなたに夢をプレゼントします!

2014年12月17日水曜日

バシャール 電磁エーテル的エネルギー

質問:どのぐらいのパワーが、パーセンテージでいって、太陽発電、地力、風力で発電できるのでしょう?
日本の地域において。
一年中太陽が出てる訳じゃありませんから。

バシャール:それは皆さんが、その種のエネルギーを何か使えるものに変換するのに、どんな装置を作るかによります。
明らかに皆さんのテクノロジーは、それらの分野で非常に大きく向上できます。
しかし繰り返しますが、やがて皆さんはそれらに頼る必要さえなくなります。
もし皆さんが、いつでも利用可能な高次の電磁エーテル的エネルギーを
引き出すとか、ある意味、ステップダウンして変換するという言葉で話していることを理解すれば。
これらのエネルギーは絶えず皆さんの間に充満してるのです。

質問:電磁エーテル的と電磁的はどう違うんですか?

バシャール:電磁エーテル的というのは、ある意味その背景は、
皆さんが霊的領域と呼ぶであろう部分に広がっています。
それは単に物理次元のみの現実化ではありません。

質問:それは計測できますか?

バシャール:できます。

質問:現在の装置で?

バシャール:いいえ。

質問:どうしたらいいですか?

バシャール:今話したばかりです。
フラクタル・アンテナです。

質問:分かりました。

バシャール:それはエネルギーを変換する装置の基盤のアイデアであるだけでなく、
エネルギーを捉えることもできる基盤でもあります。

質問:前に話したシリコンの話題ですが、それは正しい方向ですか?

バシャール:これらの装置のあるものは、水晶と呼ぶ物質の特定の操作を通じて増幅に利用できます。
繰り返しますが、今はここまでしか言えません。
水晶の利用について、古代の知識に目を向けてください。
ヒントを得るためには。
(タン。舌を鳴らす)。

質問:分かりました。ありがとう。

バシャール:ありがとう。


今日はA Message for Japan、日本へのメッセージ(2011.6.17)のQ&Aより、バシャールの言葉を紹介しました。
ここでは青年はイイことを聞いてくれました(^^)
電磁エーテル的 electromagnetheric というのはバシャールの説明で頻出するのですが、
これはある種、バシャール独特の科学用語です。
electromagnetic(エレクトロマグネティック)は「電磁的」という電磁気学の用語であり、
それにエーテル的なというethericを足してelectromagnetheric 
これを私は電磁エーテル的と訳しました。

ためしにグーグルで「electromagnetheric」を検索して見てください。
バシャールのスクリプトがわんさかと出て来ます。
つまり、そのぐらいマイナーな用語です(^_^;)

物理的次元の上の次元に存在し、フラクタル・アンテナで計測可能、利用可能な
無尽蔵のフリーエネルギーの源泉。
この電磁エーテル的エネルギーの理解が進むことで、フリーエネルギーの活用が発展します(^^)/
では今夜もあなたに夢をプレゼントします!


2014年12月16日火曜日

バシャール クリーン・エネルギー・テクノロジー

質問:分かりました。次の質問に繋がるんですが、それは、、
私のやりたいことの1つは、この星でクリーンな形態のエネルギーを促進することです。
もっと安全な。

バシャール:どんな風に推進するんですか?

質問:実行することで。

バシャール:どんな風に?(キツく)

質問:これについての知識を持つ人たちが集まって、協力して・・・

バシャール:分かりました。もうそれを始めたんですか?

質問:えー・・・

バシャール:イエスですかノーですか、それともこれからですか?
イエスですかノーですか、それともこれからですか?(厳しい口調で)

質問:えー調査を始めました。
いくらかコネクションを作り始めたところです。

バシャール:それを加速できますか?
それはあなたのワクワクの一部ですか?
あなたの喜びの表現ですか?

質問:その通りです。

バシャール:それで?

質問:それで聞きたいのですが、どんな形態のエネルギーなんでしょう?
あなたが前に言った、エササニの人々が私たちと分かち合って話していた、エネルギーを生みだすクリーンな方法とは。

バシャール:私たちはそのようにして始めました。
しかし皆さんは、この星のテスラという個人が知っていたことについて、自分たちなりの研究をすることができます。
そしてフラクタル・アンテナのアイデアについて、フラクタル幾何学という考えを探求することができます。

質問:それは(パブリーダー "Publeader?")の研究と関係がありますか?

バシャール:一部は。しかしすべてではありません。
フラクタル幾何学を理解することによって、
皆さんはいかにして惑星のエネルギー・フィールド、
宇宙のエネルギー・フィールドを利用できるか理解出来るでしょう。
そしてそのエネルギーを、皆さんが扱える様式にまで、
フラクタル的にステップ・ダウンすることが出来るのです。

質問:何か特定のフラクタルの形は?
たくさんありますよね。

バシャール:たくさんあります。発見するのは皆さんです。
それは皆さんのプロセスの一部です。
皆さんは三角形、四面体の理解から始めることができます。
なぜならそれらは物理的現実を構成する、根本の基本的構造だからです。
今、言うことが許されるのは、これですべてです。
ある意味、言って見れば、豆をこぼさないで。(秘密を洩らさずに)

(笑)

質問:シェルピンスキーの三角形は正しい方向ですか?

バシャール:そうです。

質問:分かりました。ありがとうございます。

 

参考:シェルピンスキーのギャスケット
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%81%AE%E3%82%AE%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88


今日はA Message for Japan、日本へのメッセージ(2011.6.17)のQ&Aより、バシャールの言葉を紹介しました。
この青年は福島の問題と絡んで、「別な地球に戻りたい」とか色々質問するんですが、なかなかつれないバシャールです。(笑)
しかしこの青年は食い下がって、バシャールから次第に貴重な情報を引き出して行きます。

結局、2016年の秋の変化も、前回のセッションで大体語ってしまいましたが、
食い下がられると、案外弱いバシャールです(笑)
ブログはこの青年のシリーズがあと3回続きます。
今夜もあなたに夢をプレゼントします!

2014年12月15日月曜日

バシャール 福島 続・事故の起きなかった世界に行きたい

質問:えー、思うに・・・

バシャール:あなたが話してるのが、自分が本当に望む現実だというのは確かですか?

多くの人が自分の望む現実にいるためには、現実が決まった様に見えないといけないと混同しますが、
繰り返しますが、外の世界が決まった様に見えないから、
何かしらそれが自分の望まない現実だという考えからは離れてください。
実際は違うやり方で対応すれば、そうなる可能性がある時に。

覚えていてください。
当分の間、皆さんはすべて、様々な体験をすることに同意しています。
それか少なくとも、他の人々がその集合的現実で選択した何かを自覚することに同意してます。
それはあなたがまったく望まないことかも知れません。

しかしもしあなたが、それらを直接、物理的に体験していないとすると、
するとあなたは明らかに、その現実の自分のパートを創り出しているのです。
それを直接体験しないところで、自分の役に立てるために。

しかしそれは自分の望む現実から、
その体験の知識を完全に消さないといけないという意味ではありません。
なぜならあなたは明らかに、ある程度まで、合意した現実を継続することを望んでいるからです。
何であれその出来事がもたらすプロセスに参加するために。

あなたは本当に望んではいないのです。
繰り返しますが明らかに。
でなければ、そうしてるでしょう。
あなたはその出来事が起きた現実から、
完全に自分を切り離すことを、本当に望んではいないのです。

質問:今の時点で何ができるでしょう? 1番役に立つことは。

バシャール:1つ。このように認識してください。
もしその出来事が自分のいる現実で起きていることを知っているなら、
それを知っていることが必要なのです。
すると従って定義により、その自覚はあなたの望む現実の一部です。
その障害や、転換ではありません。
それが1番目です。
いいですか?

質問:はい。

バシャール:2つめ。今日私たちが説明して行ったように、それにポジティブな意味を与えてください。
ポジティブな意味を与えることで、それをあなたの望む現実の波動とブレンドし、調和できるように。

ステップ3。
あらゆる領域であなたの1番の情熱、1番の喜びを表現する、
自分が1番ワクワク・興奮することを行動してください。
行動して、そのエネルギーを地上に降ろしてください。
こうして手本となることで、その波動が他の人にも
あなたという手本を通して、彼らも選択できて、彼らも望む
別な現実のアイデアを見るチャンスをあげられるのです。


今日はA Message for Japan、日本へのメッセージ(2011.6.17)のQ&Aより、バシャールの言葉を紹介しました。
ちょっとかなり、翻訳が難しかったのですが、言わんとすることは分かるでしょうか?
もっとうまく伝えられるよう、私も精進したいと思います(^^)/
では、今夜もあなたに夢をプレゼントします!

2014年12月14日日曜日

バシャール 福島 事故の起きなかった世界に行きたい

質問:こんにちは、バシャール。

バシャール:こんにちは!

質問:あなたと話すことができて嬉しく思います。もう一度お礼を言います。

バシャール:あなたにも。

質問:最初に思うのは、予約して今夜ここに来る間に、実際来るまでに思ったんですが、
私の知る友人すべてについて、あなたとエササニの人々は、未来の可能性をリーディングする最高の仕事をしてくれたと思います。
そこで思ったのは、どうしてバシャールは、こういったことが起きる可能性が有ると言わなかったんだろうと?

バシャール:言いました。 ケビン?

ケビン:2004年12月10日、・・・・(聴き取れず)
※2004年12月16日、日本で原発事故を予言したセッションの間違いだと思われる。

質問:分かりました。そこで思うのは、その現実はすでに存在していたのだと。

バシャール:そうです、存在します。

質問:そして自分次第、望むリアリティに自分を置くのは常に自分次第だったと。

バシャール:ええ。

質問:そして次に思うのは、もし今、自分が望まない現実にいたとして、戻ることが出来ません。
あるいは、それが起きていない別のパラレル・リアリティに行く方法が分かりません。
自分にできる最良の方法は…

バシャール:どうしてそれが起きなかったパラレル・リアリティに行く必要があるんでしょう?

質問:自分の望む現実に存在するためです。

バシャール:たった今、シンプルに自分の望む現実に存在したらどうでしょう?


今日はA Message for Japan、日本へのメッセージ(2011.6.17)のQ&Aより、バシャールの言葉を紹介しました。
「これは自分の望む現実ではないから、別な現実にシフトしたい」という青年にバシャールはどう答えるのでしょう?
コテコテのバシャール・フアンなら少し予想が付きますね!
明日はこの続きをご紹介します(^^)
あなたに夢をプレゼントします!

2014年12月13日土曜日

バシャール 健康のために、デトックス

質問:私の身体をスキャンして貰うことは出来るでしょうか?
デトックスの対象にした方が良い臓器があるかどうか。

バシャール:全部です!
(笑)

バシャール:覚えておいてください。
皆さんすべてが、比較的汚染された環境に生きています。
ですから年に数回、デトックスをするという考えはメリットがあります。
この考えはもちろん、ええ、単なる許可証であることはかさねて理解していますが、
しかしほとんどの人は、物理的現実で起きる物事を、受け入れることに集合的同意をしています。
ですからそれと戦おうとするよりは、単に自分の体のデトックスを許した方が簡単なんです。
体内に入った栄養素が、毒素がそれを妨げている多くの細胞に行き届くように。
(タンッ。舌を鳴らす)

助けになりますか?

質問:あなたが推薦するデトックス・プログラムの1つのアメリカン・ボタニカルで、
私があるハーブを摂取したところ、とても弱って、一日中二日酔いのような感じがしました。

バシャール:それは多分、あなたがデトックスしていたからです。
なぜなら覚えておいてください。
それは強いハーブによる、非常に強いプログラムです。
それがすることの1つは、毒素をあなたの体内へ流し出すことです。
ですから、あなたの身体が本当にそれを流し出すまで、弱く感じたり、病気に感じたり、様々します。

さてしかしそれとは反対に、あなたがその特定のプログラムが、単に自分にとって最良じゃないと決めたなら、
人生のシンクロニシティに任せて、自分がこなせると思える何かを引き寄せて下さい。
何か1つの方法でやる必要はありません。
あなたの人生が、自分に1番うまく行くものへ導き、それを引き寄せるのを信頼してください。

いいですか?
それがすべてです。
これでうまく行くでしょうか?

質問:行きます。

バシャール:分かりました、ありがとう!


今日はA Message for Japan、日本へのメッセージ(2011.6.17)のQ&Aより、バシャールの言葉を紹介しました。
アメリカン・ボタニカル・ファーマシーは、バシャールがたびたび紹介するプログラムですが、こちらのページに使用感などが紹介されています。
バシャール実践メールプログラム バシャールデトックス 実践
http://www.mclioness.com/ablog45.html

私も現在、脱炭水化物や栄養療法(サプリ)に取り組む、プチ健康オタクなので(笑)
機会があったら挑戦して見たいと思います。
あなたに夢をプレゼントします!

2014年12月12日金曜日

バシャール365+2 江原啓之さんのココは違います(^^)!

今週もメルマガの号外をど~んと、いやちょこっと発行します!
内容は、江原啓之さんの最新の未来予測の紹介と、江原イズムの誤っている点について、
ズバリ!と斬ります(笑)

明日13日の朝、7時に配信します。
このメルマガの読者になって、応援してくれる方を募集しています。
善は急げ!急いで登録! ↓↓
メルマガ バシャールからのメッセージ
http://www.mag2.com/m/0001366294.html

バシャール 福島 被爆からの治癒とヒント

質問:それでも人々は(放射能の影響から)回復できますか?

バシャール:すべては無理です。
ノーです。
いくらかの人はできます。
しかし多くの人は無理です。

言ったように、彼らの多くはこの人生に生まれる時に、
より大きな目的に奉仕するために行く可能性があると理解していました。
しかし繰り返しますが、永遠の存在として、彼らは自分を再び物理的現実で回復できると知っています。
そして実は、被爆しなかった子供たちの一部が、本当に助けになることが分かるでしょう。
いわゆる問題を解決するきっかけとして。

なぜならある子供たちは、再び直線的に言うと、戦争中に核の破壊により亡くなった多くの人の生まれ変わりなのです。
ですから彼らはすでに、そのようなことがもう一度起きるかも知れないと知って、生まれて来たのです。
そして何をするべきか、必要な洞察と答えを既に実際に持っているのです。
これは皆さんの最大の情報源であり、3歳から5歳の子供に本当に相談するべきです!

(会場:笑)

なぜなら彼らは本当に答えを知っているんです!
しかし彼らの答えは、ファンタジーとして無視されます。
注意を払ってください。
いいですか?
これは私たちが与えることの許される最大の手掛りです。
(天を見上げて)ありがとう。


今日はA Message for Japan、日本へのメッセージ(2011.6.17)のQ&Aより、バシャールの言葉を紹介しました。
こう思うのですが、原発のメルトダウンする事故を、2020年までに100%繰り返すと言われている今、
それは何を意味するのか。
それがもし日本で起きるのだとすれば、日本政府はそれまで(2020年まで)、原子力発電を推進する政策を変更しないだろうという意味です。
これは押し問答見たいなものですが、

私たち「原発やめろ!」
政府「止めない!」
私たち「原発、絶対やめろ!」
政府「いや、絶対止めない!」
、見たいな(笑)

そして結局は2020年までは、今の政策が続くということです。
政府=私たちでもありますので、それは結局、日本の集合的な選択であるということになります。
そして事故が本当に起きれば、大きな犠牲を払って、政権は退場することになります。
だとすれば今私たちにできることは、少しでも被害を小さくし、今の状況についての理解を深め、
放射能汚染に対する解決策を探ることではないでしょうか?

あなたに夢をプレゼントします!

2014年12月11日木曜日

バシャール 3.11後の地震予測がズバリ

質問:日本で今噂があるんですが、集合的な怖れかも知れませんが、別の大きな地震が6っカ月以内にあるかも知れないという。
これは本当ですか?

バシャール:その可能性は今の時点では、たった30~25%の間です。

質問:ありがとう。

バシャール:小さいのはあるかも知れません。
私たちが読んだところおよそ70~80%の可能性で。
しかしそれは皆さんのいう破壊的なマグニチュードという意味ではありません。
これは今の可能性をどう読んだかです。

思い出してください、未来の予言というものはありません。
予言がされた時点のエネルギーを感じ取ることしか出来ません。
しかしその文化(日本)と、世界の集合意識を読む限り、
現時点で、皆さんの集合的エネルギーのパターンの中に読んだのは、こんなことです。

さてまた、世界中では別なことが起きていて、
他の場所においては、高いレベルの可能性が見つかるでしょう。
最近、南半球の火山の噴火や、様々なことで知ったように。
つまり別の種類の現実化が起きているのです。
集合的社会がこれらのことを体験するべくアレンジしたというだけではなく、
この幾つかは地球の他の場所の解放弁として、実際に機能しているのです。
いいですか?

質問:ええ。

バシャール:分かりました。


今日はA Message for Japan、日本へのメッセージ(2011.6.17)のQ&Aより、バシャールの言葉を紹介しました。
これは過去の予言になっちゃいましたが、当時、色んな怖い噂があって、このバシャールの言葉を聞いて「あー良かった!」と、とりあえずホッと安心した記憶があります。
最新セッションでは、昨日紹介したようにバシャールの予言がさく裂しています。

新たな破壊的テロの可能性は98%。
別なメルトダウンの可能性は、2020年まで(5年以内)に、非常に非常に高く、ほぼ100%です。


当然、それがどこで起きるかといったことは、今後のセッションで明らかにされて行くでしょうから、
ここでしっかりとお伝えして行きたいと思います。
基本的にはこの夏のセッション「覚醒」と、ネブラさんの個人セッションで言われたことが踏襲されています。

さあ、これから5年間、新たな世界へ向かって踏ん張って行きますか!
この時のために生まれて来たんだと思います!(^^)!
あなたに夢をプレゼントします!

2014年12月10日水曜日

バシャール 地球のチャクラ一覧(仮説)

平田さん(トッシー)のFacebookで、ブリジッド・ニールセンという、まるでスピリチュアル界のアイドルになれそうな(笑)女性が、地球のチャクラ、ボルテックスについて説明しているのが紹介されていましたので、ここでも紹介させて頂きます。
これは仮説ですが、バシャールにも確認を取ったそうです。
この中でバシャールがセッション中に語っているのは、セドナのクラウン・チャクラ、ハワイのハート・チャクラ、富士山についてはメイン・チャクラの1つと語っています。
ではその他は何か?が気になるところなんですよね。



彼女によれば、
第1チャクラ ルートチャクラ(尾てい骨) ウルル、エアーズロック(オーストラリア)
第2チャクラ セイクラルチャクラ(仙骨) チチカカ湖(ペルー)
第3チャクラ ソーラープレクサス(太陽神経叢、みぞおち) 富士山(日本)
第4チャクラ ハートチャクラ(胸) マウイ(ハワイ)
第5チャクラ スロートチャクラ(のど) グラストンベリー(イギリス)
第6チャクラ サードアイ(第三の眼、眉間) ヒマラヤ山脈
第7チャクラ クラウンチャクラ(頭頂) シャスタ山(米国)

以上を地図上の一覧にまとめたのがここです。
http://harmoniousearth.org/earths-major-chakra-points-and-vortexes-the-sacred-sites/#sthash.2VZ459rg.dpbs

ブリジットはチャクラにはエネルギーが流れ込み、シャスタやカイロのボルテックスからはエネルギーが出ていく、と説明しています。
そしてブリジッドはこれらのチャクラ、ボルテックスを拠点に、ハイブリッド・チルドレンが地球に適応して行くためのプログラムを実行しています。
Facebookのハイブリッド・チルドレン・コミュニテイ
https://www.facebook.com/HybridChildrenCommunity/

ブリジッド、可愛い顔してますが、かなり飛んでいますっっ(*‘∀‘)!!
あなたも一緒に飛びますか!?(笑)

2014年12月9日火曜日

バシャールの予言2015-2050 最新セッションまとめ

バシャールのフアンページで最新のセッションで行われたバシャールの予言をまとめてくれてる人がおりますので、今日はその内容を紹介しますね。

2015-ササニとヤイエルの周波数が、セドナのポータルを通じて地球に注ぎ込まれる。

2016-地球外生命が発見される。

2016-経済崩壊と税制改正。合衆国が(きっかけになる:be instrumental)

2020-経済構造がドラマチックに変化する。

2020-新しい政治システム。

2015-2025-フリーエネルギーの出現。

2017-2019-別の破壊的なテロリストの行動。

2015-2020-別の炉心のメルトダウン。

2020-2030-かつてない発明による新たな宇宙競争の10年間。オープン・コンタクトがここで起きる。

2030-2033-ディスクロージャーと地球外生命についての熟知。

2050-地球が惑星間連合の新たなメンバーとなる。

2015-2050-海面が35-50フィート(10m~15m)上昇。小氷河期に突入。多くの沿海都市に人が居住不能に。

2020-2025-アトランティスの存在が確認される。失われた記録の間(lost Hall of Records)が発見され、歴史が書き換えられる。

2020-2025-アレキサンドリア図書館のほとんどの知識が回復される。これをきっかけに地球に新たなアトランティスの黄金時代が。

以上、別の炉心のメルトダウンとか、「あぁやっぱり」なシャレにならないことも幾つかありますが(笑)
黄金時代とか、夢の持てることもたくさんあるのが印象的です。
ワクワクして生きれば、そういう夢の場面に出会えるんでしょうかね?
あなたに夢をプレゼントします!

原文
OK I'm too lazy to transcribe every word Bashar said, so I summarized the predictions instead. Here is the list for 2015 - 2050.
2015 – The Sassani and Yahyel frequencies will be “pumped” into Earth via the Sedona portal.
2016 – Extraterrestrial life will be discovered.
2016 – Economic collapse and revamping of our taxation system. The United States will be instrumental.
2020 – Economic structure will be dramatically different.
2020 – New political system.
2015 – 2025 – Free energy emerges.
2017 – 2019 – Another devastating terrorist action.
2015 – 2020 – Another nuclear meltdown.
2020 – 2030 – A new Space Race decade of unprecedented inventions. Open contact occurs here.
2030 - 2033 – Full knowledge of disclosure and extraterrestrials.
2050 – Earth becomes an initiate member of the Interstellar Alliance.
2015 – 2050 – The oceanic levels increase by 35 – 50 feet. We go into a minor ice age. Many coastal cities will no longer support human life.
2020 – 2025 – The existence of Atlantis will be confirmed. Someone will find the last Hall of Records. History will be rewritten.
2020 – 2025 – Most knowledge of the Library of Alexandria will be recovered. This marks a new Golden Atlantean Age on Earth.
Discuss!!

2014年12月8日月曜日

バシャール・トリビア 物質から非物質への遷移周波数は?

この週末のバシャールのセッション、「あなたは臨"生"体験をしてますか?」にともなって、バシャールのオフィシャルのfacebookページで、トリビアクエスチョンが行なわれましたヽ(^。^)ノ
正解者1名はライブストリーミングのフリーチケットをゲットだったのですが、あなたは正解が分かりましたでしょうか?

質問は「バシャールが述べる物質性から非物質性への遷移周波数は何でしょう?」というものです。
遷移周波数とは、これ以上の周波数になると、物質から非物質的になるというその境界の周波数(振動数)です。
コメント欄で正解を当てた人が1人いて、それは333kHzでした!


正解のコメント(バシャールの言葉の引用)
Here's a quote:

From June 21, 1995 (11:11)

Q: And what frequency, electromagnethericly are those crop circles being
formed at? And what frequency would we have to attain to be able to
witness one being formed?

B: Very good, for there is another interpretation. They will generally
start at a level of 666,000 vibrations per second, go down through
333,000 vibrations per second, which is the threshold between
non-physical and physical reality. And for the purpose of allowing an
individual on your planet to be in proximity to when one of those
patterns crystallizes down into your physical materiality from 333,000
vibrations per second downward, it would generally be beneficial if you
exhibited a frequency, electromagnethericly, of course this will depend
upon circumstances, of at least, minimum, minimum, minimum, minimum,
150, 000 cycles per second. But generally, it should be at least above
240, 000 cycles per second for most of them to be considered equal and
safe to the vibrational frequency of its condensation.

Q: What frequency are you coming through tonight at?

B: What frequency right now?

Q: Yes.

B: It will shift and fluctuate from moment to moment but, approximately,
right now, 192,000 cycles per second, but that will change in the next
moment.

どうでしたでしょうか?ちなみに私の答えはニアミス・エクスペリエンスでしたヽ(^。^)ノ
聞いたことあるような、無いような、光の周波数かなと思ったんですけどね。

周波数の比較
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%91%A8%E6%B3%A2%E6%95%B0%E3%81%AE%E6%AF%94%E8%BC%83


そしてセッション2日目の第2問は穴埋め問題。
下記のバシャールイズムを完成させよ。(バシャールイズムって言うんですね!)
"Don't freak out ________"

正解はfreak inです。(誰か説明お願いします!)




セッション3日目の第3問は
地球で1年たつと、エササニでは何年経っているでしょう?

正解は10年です!
これは365日の公転周期というより、エササニの人たちの周波数の問題ですね。
周波数が10倍なので、10倍速くものごとが進む、見たいなことをバシャールが言っていたような気がします。




それでは、今夜もあなたに夢をプレゼントしま~す!

2014年12月7日日曜日

バシャール 12月スペシャル・ロサンゼルス・週末イベントが開催中



バシャールが、12月のスペシャル・ロサンゼルス・週末イベントについて語ります。

皆さんの年で2014年12月5日、6日、7日の次の交信のタイトルですが、
12月5日、金曜日の交信のタイトルは
「あなたは臨"生"体験をしてますか?」となります。
どのようにして人生を最大限に生きればよいか?
より完全に、人生を生きることをあなたに許す、新しいツールを使って。
一週間の毎日を、伝える7つのパートからなるマスター許可証を使って。
自分の軌道の上に留まり、なりたい自分を一番表す状態でいることを可能とするために。

12月6日、土曜日の交信は、
「ブラック・ボックス」というタイトルになります。
そこでは、皆さんが本当の自分になることを引き止める、
ネガティブな信念体系で使われるツールとトリックを検証します。
そしてそれらの否定的な信念を中立化するための、いくつかのとてもシンプルなテクニックについて。
またそれまでに使われるツールとトリックについて。

2014年12月7日、日曜日の交信は、
「2015年-2016年 拡大と縮小の年」となります。
皆さんがこの期間に体験する可能性のある、いくつかの今後の可能性を探求します。
そしてその期間、常に変化して行く物理的現実の景色(landscape)を通じて、
どのようにポジティブな進路を示すかについて。

これら3つの交信は、皆さんに必要なツールを提供するのを助け補助します。
今、ここにおいて、期間(※スパン:2010-2015)の最後の年に、前へと進むことができるように。
そして多くの物事が変わり始める2016年へ橋を架け、リンクします。
皆さんはこれらのツールを使い、自分が1番高い波動に一致していることを確認できます。


今日はこの週末にロサンゼルスで行われているバシャールのセッションの予告を紹介しました!
2015-2016年、物理的現実の景色(landscape)の変化が、地形の変化だったら大変ですが(笑)
凄い年になりそうな予感がします。
あなたに夢をプレゼントします!

2014年12月6日土曜日

バシャール 放射能の本当の数値が公表されない理由

質問:(日本語で)「今晩は」、バシャール。

バシャール:こんばんは。

質問:今のは私の言葉、日本語で今晩はという意味です。

バシャール:そうですか。知ってますよ。
それと「こんにちは」とか「おはようございます」(日本語で)って言いますね。

(笑)

質問:その通りです。
えー、この世界で、この時間線(タイムライン)の今わたしたちが乗っているこの列車で、・・・

バシャール:すべての人が同じ列車に乗っている訳じゃないですが、まぁ。(いいでしょう:ジェスチャー)

質問:ええ。私たちが共同創造している同意された現実において、日本の実際の放射能の状況はどうなんでしょう?
特に政府によって報告されていない部分で、特に主要な列島の本州は。
また日本で目撃されているUFOは、放射能を減らすのを助けてるんでしょうか?

バシャール:ある程度はそうですが、
しかし具体的には、この状況についての洞察を誘導するのを助け、
関わっている個人が何をしたらよいか、大きな理解が得られるようにしています。
そしてシンプルに理解と、知識と、答えが自分の力で得られるようにしているのです。
いわゆる公的な情報に頼る必要なしに。
それは、今、私たちの中継システムで計測すると、
(タンタンタンタンタン、、舌を鳴らす)
そのエネルギーはおよそ、10倍から15~20倍伝えられているものよりも大きいです。

しかしそれはこんな風に理解できます。
そのような情報について、その情報に固執する人たちの観点からすると、
固執する理由は、彼らの観点からすると、ポジティブな理由のために行われているのです。
なぜならもし彼らが実際の数値を公表することになったら、多くの人は希望を失ってしまうでしょう。
スピリット(気力)が砕かれます。
それゆえ、彼らは手に負える数値を公表してるのです。
分かりますか?

質問:分かります。

バシャール:さて、ですが、人々はそれでも多くの高い情報のレベルから、インスピレーションを受け取ることができます。
そして実際のレベルの放射能を制御するのに、本当に必要な解決策を何でも考えだすことができます。


今日はA Message for Japan、日本へのメッセージ(2011.6.17)のQ&Aより、バシャールの言葉を紹介しました。
これは、今、現在でも、正しい実態が伝えられているかと言えば、そうでは無いと思います。
発表したくても、出来ない。
解決策が無い。
ゆえに、多くの人が捨て置かれているような状況に、現在あるのでは無いでしょうか。
健康被害が目に見えて分からない、というだけで。
実はこのことが、すでに現在の政府機能が、機能不全に陥っていることを意味します。
真実を明らかにし、国民の生命を守るために、必要な対策が取れないという一点において。
現在においても必要な対策は実行困難なのですが、さらに、国民を危険に追いやるような事故が起きた時、バシャールの言うように確かに政府は崩壊するかも知れません。
それは10年以内に起こると言われています。

しかし例え政府が崩壊しても、制度が崩壊しても、私たちは生きねばなりません。
新しい社会の生き方を実現しなければなりません。
ともに勇気を持って、進んで行きましょう。
Present dreams!



2014年12月5日金曜日

バシャール365+1 松原照子さんがまたまた岩手の地名を感知!

お知らせです。
今回から毎週1本を目標に、メルマガ向けの号外を配信することにしました。
週に8本の記事を書いたとして(書けるかな!!??)、1本はメルマガの号外として配信するような感じです。
365+1、365+2、365+3と、1本毎に数字が増えて行きます。
本当は週に2本くらいの号外が理想ですが、まずは1本からです。

今回はその第1回を、明日12月6日(土)の朝7時に配信します。
内容は、松原照子さんがまたまた岩手の地名を感知した件についてです!
このメルマガの読者になって、応援してくれる方を募集しています。
ぜひ登録お願いします(^^)/

メルマガ バシャールからのメッセージ
http://www.mag2.com/m/0001366294.html

バシャール 福島の子供たち

質問:日本の子供の健康も心配です。
核、、、反応したものが、飛んでますから。

バシャール:繰り返します、その状況を完全に無毒化する方法があります。
大事な点はそれがどんな方法なのか、フォーカスをスピードアップして見つけ出すことです。
それは世界に貢献します。

覚えていてください。
皆さんの星の人の多くの観点からは、それが理解し難いことなのは分かっています。
しかしそれらの子供のスピリットは、生まれた時、自分が何をしているのか分かっていました。
自分が何を経験するのか、それが皆さんの星にどんな違いを生み出すのか。
その意味で彼らは、それが皆さんの星にもたらす変化のために、
この体験を選択したぐらい、それぐらい強いのです。
彼らは肉体は一時的なものだと分かっています。

彼らは、皆さんの世界に偉大な奉仕をする偉大なマスターです。
このチャンスを無駄にしないでください。

質問:分かりました。どうもありがとうございます!


今日はA Message for Japan、日本へのメッセージ(2011.6.17)のQ&Aより、バシャールの言葉を紹介しました。
ここでバシャールは、理解し難いことではあるけれど、福島で被爆した子供は、
それにより日本に生じる変化のために、この人生を選択したのだと語っています。
それが世界への奉仕なのだと語っています。

つまり自分が犠牲になり、自分の命を賭して、世界を変えるために生まれて来ているということです。

このことの意味は、重すぎて、私には論じることえできませんが、
でもそれはチャンスなのです。私たちが変われるチャンスです。
このチャンスを無駄にしてしまったら、私たちをこの先、待っているものは何でしょう?
だから今ここで変わり、未来に夢を持てる日本を作りましょう!

2014年12月4日木曜日

バシャール 原発があるとコンタクト出来ない?

質問:津波のちょうど後に、YoutubeでたくさんのUFOを見るんですが。

バシャール:多くの多くの観察が、多数の文明により行われています。
皆さんのしていること、皆さんがどう反応しているかや、
様々なことに関して何が起きているかについて。

私たちはある意味独自に計測をしてるのです。
私たちはある意味、皆さんが経験したことに関して、
全体としてどんな決断をするかについて、主に注目してるのです。

なぜなら私たちにとっては、
皆さんがこれらの経験から、どんな選択をしたかによって、
ある種の別の変化への準備が出来たかどうかが、決まるからです。
それはコンタクトの準備が出来たかどうかへの大きな理解に繋がります。

質問:ああ、分かりました。

バシャール:助けになりますか?

質問:はい。多くの別の星の存在が、今、日本を観察してるんですね。

バシャール:多くの存在が。皆さんの星の多くの場所を観察してます。
ある種の出来事を経験しそうな他の場所もあるのです。


今日はA Message for Japan、日本へのメッセージ(2011.6.17)のQ&Aより、バシャールの言葉を紹介しました。
原発の稼働は、コンタクトの推進とは逆方向です。
そしてそのまえに、まず、自分自身が危ない(^^;

自分が今、どんな平行世界(パラレルワールド)にいるのか、誰にでも判断できる2つの目安を考えました。

1つはバシャールがいる世界→コンタクトに向かってます。
バシャールのいない(知らない)世界→コンタクト無いかも。

原発推進してる日本→10年以内に事故ります。
原発やめる日本→自然と共生できるかも。

とても分かりやすい目安では無いでしょうか?
以上、あなたに夢をプレゼントします!

2014年12月3日水曜日

続・バシャールが日本に来ない理由

質問:もう少し説明してもらえますか?

バシャール:私の宇宙船は言ったように、皆さんの星のアリゾナ州セドナと呼ぶエリアの約2,500マイル上にいます。
なぜならセドナのボルテックスは、北アメリカ大陸の大きなボルテックスで、他の多くのリアリティ、他の多くの次元に繋がっているからです。
私がこのボルテックスにフォーカスを続けることで、皆さんの星全体の役に立つのです。
ですからチャネラーの身体がアメリカの大陸を離れるのはよいのですが、
すると私はそれを通じてエネルギーを送ることができません。
あるいは私の特定の波動を通じて、エネルギーをある意味拡張させるためには、
北アメリカ大陸に残ることが必要なのです。
そして私の社会の別のものが、日本のエリアで同じことをしています。

質問:分かりました。

バシャール:助けになりますか?

質問:はい。

バシャール:ありがとう!


今日はA Message for Japan、日本へのメッセージ(2011.6.17)のQ&Aより、バシャールの言葉を紹介しました。
どうもバシャールには、北アメリカ大陸を離れることができない、のっぴきならない理由があるようです。
ボルテックスにエネルギーを送るとか、地球のエネルギーのバランスを取るというのは、比嘉良丸さんや、江原啓之さんが熱海でされているのと、似ていることだと思いますが、私たちの理解を遥かに超えた部分です。
崑崙山や、白頭山にも仙人がいて、地球の呼吸を調節したり、他の次元の存在と交信をしていると言う話があります。
私の目の前には、岩手山しかありませんが(笑)。
おぉ、そういえば岩手山は東北のチャクラと言えないことも無いですね!
しかし、3.11が起きてしまいました!オーマイガッ!
日本でバシャールと同じことをしているのは、肉体があるとすれば、日本の誰か、でしょうね(笑)

ダリル・アンカは公式には、ロスから当日中に飛行機で行き帰り出来る場所において、公開チャネリングを行うとしています。
あなたに夢をプレゼントします!

2014年12月2日火曜日

バシャールが日本に来ない理由

質問:日本の多くの人がバシャールから直接メッセージを貰いたくて待っていると思います。
日本へ来る計画はありますか?
チャネリングするために。

バシャール:いいえ。
いいえ。

質問:なぜか聞いてもいいですか?

バシャール:聞いてもいいですよ。

(笑)

質問:どうして・・・

バシャール:ありがとう!

(笑)

見れば分かるように、皆さんの星ではエネルギーのバランスを取る必要があることが起きています。
私の文明、そして他の多くの文明のそれぞれの存在が
これら多くの出来事を通じて、
皆さんの世界のエネルギーのバランスを取るのを助け、力を貸すことに関わっていて、
自分が責任を持つ特定のテリトリーのようなものを持っています。
日本は私ではありません。

しかし私の社会の、そして他の社会の別のものが関わっています。
届けられる必要のあるメッセージは届けられるでしょう。
文字通り、私からでなくても。
分かりますか?

思い出してください。
どちらにせよ、私はそこにいません。
私はチャネラーのいる場所にもいません。
今、結局は。

メッセージは色んな方法でやって来ます。
チャネラーはある意味、皆さんの言葉を比喩的に使えば、ただの電話です。
電話はどこでも受けられます。
何を使っても。
色んな方法で。

そして皆さんはそれを受けています。
必要なあらゆる方法で。
特定の方法で届けられないとだめだとは思わないでください。
人々がポジティブな影響を選択するために。

なぜなら皆さん自身のガイドも含め、
たくさんの、たくさんの、たくさんの存在がいて、
常に皆さんを助け、力を貸しているからです。

その意味で、私は特別じゃありません。
分かりますか?


今日はA Message for Japan、日本へのメッセージ(2011.6.17)のQ&Aより、バシャールの言葉を紹介しました。
先日、精神科医で心理カウンセラーの平田俊明さん(トッシー)と都内某所で情報交換をしていて、この話も少ししたんですが、私は「ダリルが年だからじゃないですか(・・?」と適当なことを言ったんですが(笑)、バシャールにはバシャールなりの理由があるようです。
いずれ必要な情報は何らかの形で届けられる、ということですね。
この話は明日も続きます。
あなたに夢をプレゼントします!

2014年12月1日月曜日

バシャール 続・成功の定義

バシャール:すべて定義の問題です。
すべては定義の問題です。
自分が現実をどう定義するかが、現実をどう体験するかということです。
信念と定義は同じ考えです。
もし自分が体験したい心の状態の理解に、ある程度困難があると分かったら、
まず最初にするべきことは、その心の状態について、自分の定義を吟味することです。
なぜなら通常分かるように、自分の体験を作り出しているものは、自分の定義の中にあるからです。
定義を変えれば、体験が変わります。
皆さんの言葉で時々いうように、まず最初に成功しなかったら、成功を定義しなおしてください!
何か自分らしくないことをして、壁に向かって頭をぶつけるより。



今日はA Message for Japan、日本へのメッセージのQ&Aより、バシャールの言葉を紹介しました。
前回は下書きしていたものを、出張先のホテルで会食から戻って「エイヤッ」とやってしまったのですが、また聞き直したら続きがありました(笑)
「失敗したと言って、悔やんで壁に頭をぶつけてるんじゃなくて、成功の定義を変えなさい」ということです。
現実の場面でこういうことは、たくさんあります。
複雑な関係の集まりである仕事においても、もちろんあります。
失敗にフォーカスして後悔するよりも、得した点、儲けた点を見つけた方が、立ち直りも早く、次の展開に繋がるものです。
そして前に進めば、いつの間にか大きく飛躍しています。

Redefine success!
成功を定義し直せ!


今日は日本へのメッセージからバシャールの言葉を紹介しました。
あなたに夢をプレゼントします!

2014年11月30日日曜日

バシャール 【最新】続続・死後の世界に行った直後

バシャール:これは皆さんの星の多くの人が、いわゆる死後の世界に入った時に体験する、一般的なことです。
別なこともあります。
ある種の宇宙の存在に会ったり、
人生で理解できなかったことが、理解できたり、
まだ生きてる人と、夢の中でコミュニケーションできたり、
こういったあらゆる種類のことが起こります。
しかし繰り返しますが、これは単にあなたの選択の問題なのです。

こんなスピリット(霊的存在)もいます。
人生で1番強く信じていた考えにより、あちらに行った時、自分が死んだことさえ分からないのです。

質問:それが次の質問でした。

バシャール:これらの人は、うろうろしたりします。
なぜなら必ずしも死後の世界があると知ったり、信じたりする必要はないからです。
そしてうろうろし、少し混乱します。
なぜ誰も同じようにコミュニケーションができないのか。
これが一般的に「幽霊」と呼ぶ存在です。

質問:彼らは迷ってしまったんですか?

バシャール:本当に迷ったんじゃありません。
ただ何が起きてるか、完全に理解出来ないんです。
しかしあちらのガイドを通じて助けがあります。
彼らが本当に死んだことを理解させるために。
そして皆さんの側からも、時にスピリットに働きかけ、今が去る時だと知らせることができるのです。

質問:ありがとう、私はただ確証が欲しかったんです。

バシャール:これで得られましたか?

質問:えぇ、ありがとう。

バシャール:どういたしまして!


今日は星間エニアグラム パート2(2014.9.27)のQ&Aから、バシャールの言葉を紹介しました。
死後の世界の問題やスピリットの問題についても、バシャールはさらりと語ってしまいますが、
これは江原啓之さんが行っているスピリチュアル・カウンセリングの問題を包含しており
この問題を人類が消化・解決するだけでも、あと何百年掛かるか??
これだけでも大変なテーマであり、大変な問題です。
私たちの目の前には、まだまだ未知なる真理の大海が拡がっています。
あなたに夢をプレゼントします!

2014年11月29日土曜日

バシャール 【最新】続・死後の世界に行った直後

バシャール:ちょっと待ってください、まだ終わってません。

質問:すみません。

バシャール:大丈夫です、謝る必要はありません。
多くの人があちらに着いた時、かつて愛した人に出会うという経験をします。
分かりますか?
多くの人が俗に言う、人生回顧というものを経験します。
それは終えたばかりの物理的人生の経験を見つめるものです。
そして自分の選択と行動が影響を与えた、あらゆる個人の視点から、
あらゆる選択とあらゆる行動の結果を体験します。
まるで自分がそれらの人々であるかのように。
なぜなら皆さんはひとつであり、その考えにおいて、もう境界は無いからです。
あなたは急に、今までと同じようなあなたとして、区切られなくなります。
自分のアイデンティに慣れ親しんでいたとしても。
あなたはまるで自分が関わりを持った、他のすべての人であるかのように、物事を経験し始めます。

質問:聞いたことがあります。

バシャール:そうかも知れません。ええ。
あなたは彼らの視点から、それを体験し始めます。
しかしそれは学びのレッスンです。
それは自分の中でいかにエネルギーをバランスさせるかを経験する機会です。
そこから学び、成長するのです。


今日は星間エニアグラム パート2(2014.9.27)のQ&Aから、バシャールの言葉を紹介しました。
人生回顧=ライフレビューです。
この部分は難しいんですが、私たちは物理次元では小さな身体の中に入ることで、小さく区切られています。(compartmentalize)
厳密には「中に」入るのではなく、本来はスピリットである個々の魂が、小さな身体の「視点を通して」世界を見ています。
それゆえ他者の感覚、感情を感じ取ることが中々出来ません。
ところがスピリットの次元、4次元(4th dimension)の世界に行きますと、身体が無くなりますし、
すべてが自分でありますから、自分の放ったエネルギーが自分に戻って来る、ということになります。
バシャールはよく、選択と行動をさせ、その結果を確認させなさいと言います。
ここでは、その結果を完全に体験することで、自分のエネルギー、ポジティプなエネルギー、ネガティブなエネルギーをバランスさせることを学ぶ、ということになるかと思います。
この話は明日も続きます。
あなたに夢をプレゼントします!

2014年11月28日金曜日

バシャール 基本原理8 怖れをチューニングする

バシャール:
差し当たり、もうひとつ重要な定義をお教えしましょう。
怖れです。
怖れ、怖れ、怖れ、怖れ、怖れ。
長い間、皆さんの友人で来ました。
もし友人のように扱えば、もっと多くが得られるでしょう。

怖れ。良く聴いてください。
それは皆さんの自然な本当の波動が、
真実の自分の核から外れた信念体系を通してフィルターされたものです。
ワクワクと興奮は、皆さんの自然な波動が、
本来の真実の自分の核と合致した信念体系を通してフィルターされたものです。
怖れとワクワクは同じエネルギーです。
何を通してフィルターされるかで、違ったように体験されるのです。

(この続きはメルマガにて紹介しています。)

ビデオ時間5分30秒

今日は今月のメルマガ「怖れをチューニングする」からバシャールの言葉を紹介しました。
バシャールは怖れを使って自分の信念を変え、自分の受け取る現実を変える方法について説明しています。
あなたも読者になって、ぜひこの活動をサポートしてください!
メルマガ バシャールからのメッセージ
http://www.mag2.com/m/0001366294.html

2014年11月27日木曜日

バシャール 【最新】死後の世界に行った直後

質問:最後の質問です。

バシャール:見てみましょうか?

質問:人が死後の世界に行ったすぐ後には何が起こるのでしょう?

バシャール:彼らは様々な可能性を経験します。
多くの人は、すべてじゃありませんが、多くの人は光のトンネルと解釈する次元の間のシフトを実際に体験します。
ただすべての人が体験する訳じゃありません。
ある人はただ目が覚めて「あぁ、ここにいる」と。

質問:彼らはどこにいるんですか?

バシャール:彼らはここにいます。しかし別な次元、違う周波数の領域にいます。
いわゆる「霊界」の中に。
しかし彼らはここにいます。

質問:それは一時的ですか?

バシャール:あなたが直線的な時間の観点から質問しているということを理解してください。
直線的な観点から言えば、ええ、それは一時的です。
真実は、すべてが同時に存在しています。
ですからあなたは常に物理的でいて、常にスピリット(霊的存在)でいるのです。
だからあなたがどう見たいか次第です。
体験的な観点、直線的な観点から見たいなら、イエスです。
あなたは死んで、霊になって、生まれ変わることもできるし、非物質的現実で違う冒険もできるし、
違う文明に生まれることもできるし、最後の人生の後でまたその前の人生に生まれることもできるし、
何でもできます。なぜならそこでは時間はとても流動的で、とても融通が利くからです。
物理的現実におけるそれとは違います。
しかしそれでも、本当のメカニズム的な観点からいうと、それらすべての体験は、すべて同時に起きています。
あなたはただ、自分の意識をぐるっとシフトさせているのです。
物事を違う観点から見て、異なる体験を創り出すために。
しかしそれらすべての体験は同時に存在しています。


今日は星間エニアグラム パート2(2014.9.27)のQ&Aから、バシャールの言葉を紹介しました。
あなたに夢をプレゼントします!

2014年11月26日水曜日

バシャールは2021年に地球に着陸する!

ついに私の長年の研究の結果、バシャールが2021年に、地球に着陸することが分かりました!(笑)

宇宙船ネクサスの高度
2009年8月29日 2,979マイル 4,793km シップ・トゥ・シップ・コミュニケーション
2011年6月 2,500マイル 4,023km 日本へのメッセージ
2012年12月21日 1,973マイル クロッシング・ザ・スレッショルド(境界~閾値を超える)
2012年12月22日 一時的に1,000マイル
2013年4月13日 1,936マイル 3,115km 33番目のパラレル
2014年9月6日 1,725マイル 2,776km 頭の中で聴こえる声

これらを縦軸に高度、横軸に時間をとってプロットしますと、
バシャールの宇宙船が、現在1年に約400km降下しており、
地表に到達する時期は、およそ2021年と判明したのです!!!!!(笑)

もし上記から大きく外れたポイントに、バシャールの宇宙船がおったりしますと
地表到達時期が大きく狂って来ますので(笑)、何か情報をお持ちの方は
ぜひJapan Bashar Research .org(私)までご連絡をください。

さあバシャールとの面会はもうすぐです!
あなたに夢をプレゼントします!

宇宙船ネクサス高度計.pdf

2014年11月25日火曜日

バシャール 成功の定義

バシャール:時々いうように、まず最初に成功しなかったら、成功を定義しなおしてください!


今日はA Message for Japan、日本へのメッセージのQ&Aより、バシャールの言葉を紹介しました。
この部分、バシャールは特に大きな声で断言しています。
Redefine success!
成功を定義し直せ!
あなたの定義することが、あなたにとっての成功となります。
人生の意味は、あなたが決めるからです。
あなたに夢をプレゼントします!

2014年11月24日月曜日

バシャール 血液型の起源

質問:私の友達に質問するように頼まれたのですが。
私たちの血液型が、銀河系の祖先と関係あるのかどうか。

バシャール:ある意味それはイエスです。
しかしそれですべてが決まる訳ではありません。
多くの要素が絡んでますから。
それが何かは探さないといけません。

質問:生まれつきのあざはどうですか。
(あざ:distinctive birth marks)

バシャール:それは時に他の転生との繋がりを表しています。
また他の文明の表現でも有り得ますが、繰り返しますが、何を見るかです。

質問:分かりました。

バシャール:助けになりますか?


今日は星間エニアグラム パート2(2014.9.27)のQ&Aから、バシャールの言葉を紹介しました。
ちなみに私の血液型は何でしょうか?
 ・
 ・
 ・
やっぱりA型です!
●×型ならオリオン系とか、あると面白いんですけどね^^
あなたに夢をプレゼントします!

2014年11月23日日曜日

バシャール 情報特急便!

ここでは私の伸ばしたアンテナに、ピピッ♪と集まった情報をど~んと紹介します!
ツイッターやfacebookのバシャール・ページではリアル・タイムに発信していますので
そちらもぜひ登録してくださいね^^
では今夜もあなたに夢をプレゼントします!
※AndroidのChromeで正常に表示されない場合があるようなので、その場合はブラヴサを変えて見てください<(_ _)>









2014年11月22日土曜日

バシャール ハイブリッド・チルドレンは本当?

質問:私はまだ、ハイブリッド・チルドレンの概念が理解できません。
どうやって私たちが作ったのか説明してくれますか?

バシャール:あなたはグレイという文明は知っていますか?

質問:ええ、知っています。

バシャール:彼らが地球の人間を宇宙船に乗せて、遺伝子の素材を抽出して自分達のものとミックスし、ハイブリッドを作ったのは分かりますか?

質問:それは体外離脱の状態で起きたんじゃないでしょうか。物理的じゃなく。

バシャール:両方の状態で起きたんです。
だから物理的なハイブリッドがいるんです。
繰り返しますが、それにより私たちの文明が創られたんです。
物理的なハイブリッドです。

質問:分かったわ。

バシャール:それで?

質問:どうして実際に、子供が出来たという証拠が何も無いんでしょう?
つまりどうやって出来たか分からないんです。妊娠するんですか?

バシャール:それにはたくさんの証拠があります。
ただ見つけるための十分な調査がされてません。
たくさんの証拠があります。
しかしあなたは何も無いと言われて、そう思いこんでるんです。
独自に調べてください。そうすれば、たくさんの証拠が見つかります。
するといかに多くの証拠が、一般大衆から隠されて来たのか、すぐに気付くでしょう。


今日は星間エニアグラム パート2(2014.9.27)のQ&Aから、バシャールの言葉を紹介しました。
ハイブリッド・チルドレンはやがて地球に戻って来て、私たちと一緒に生活を始めるそうです。
これが6番目のハイブリッドに繋がります。
あなたに夢をプレゼントします!

2014年11月21日金曜日

バシャール 星間エニアグラムの紹介

the PLANET from NEBULAさんで、星間エニアグラムの紹介が始まりました。

バシャール:9つの文明
http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-11954576265.html

バシャール:アヌンナキ01
http://ameblo.jp/viva-bashar/entry-11954988670.html

模式図
アヌンナキ→ホモ・エレクトス→ホモ・サピエンス
        └→イェティ
グレイ→ホモ・サピエンス→5種類のハイブリッド(エササニ、ヤイエル、その他)

ハイブリッド・チルドレン→ホモ・サピエンス→6番目のハイブリッド(ホモ・ギャラクティカ?)

全てのハイブリッド→7番目のハイブリッド(ホモ・ギャラクティカ?)

見たいな感じでしょうか。(ホモ・ギャラクティカがどこだったか…)
以下今後続いて行くと思います。何しろ3回に分けたセッションで物凄いボリュームがありますので、完全な紹介となれば長丁場になります。バシャール365ではいつの間にか、星間エニアグラムのQ&A紹介になってしまいましたが(笑)内容がとても面白かったので・・・

interstellarは「星間」としましたが、「星と星の間」のイメージです。この年末にクリストファー・ノーラン監督、マシュー・マコノヒー主演で、そのまんま「インターステラー」というSF映画が公開されますが(絶対見に行きます!)、「インターステラー」という言葉そのままでは、日本語ではイマイチイメージが湧かないのではないでしょうか?私であれば「星の間」とか「星の間に」とかするんですがねー…(映画の内容は良く知りませんが^^;;)

他にも平田眞一さん(トッシー)のFacebookでも、星間エニアグラムについて、とても良くわかる突っ込んだ紹介がされていますので、気になる方はぜひ、友達リクエストをして見てください。


今夜は遠い秋の夜空に思いを馳せましょうか。(もう冬?)
あなたに夢をプレゼントします!

2014年11月20日木曜日

バシャール 福島で被爆した子供は助からない?

バシャールは、広島長崎で被爆した魂が、3.11が起きた福島に転生して来ていると語っています。
そしていつかのQ&Aで「福島で被爆した人たちは大丈夫なのか?」という質問に対して「助からない」と答えたと記憶しています。(確認のためまた聞き直して見ます。)
「助からない」なんて、また、ずいぶんバシャールは極端なことを言うな~、とその時は思ったのですが、その後小児甲状腺ガンの調査が進み状況が少しづつ分かって来たようです。

小児甲状腺ガンの平常時の患者発生数は、100万人当たり0~3人であるのに対して、福島県では現在100万人当たり300数十人という、実に100倍以上もの小児甲状腺ガン患者が見つかっています。しかし福島県と福島医科大学は、原発事故の影響は見られず、これを「最新の機械で全員調べたから増えただけ」等として、平常レベルであるとしています。2008年の患者数は0人であったのに、です。

福島民報 2014.11.15
甲状腺がん遺伝子変異、チェルノブイリと別型 福医大など見解
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2014/11/post_11022.html

一方琉球大学名誉教授で内部被ばく研究の第一人者、矢ヶ崎克馬教授が寄稿しているブログでは、福島県と福島医科大学の発表には数字のトリック、統計の誤操作があるとして、内部被ばくの危険性を訴えています。

福島原発事故後の日本を生きる 2014.8.30
【最新】福島県小児甲状腺がん患者数の推移を徹底分析!福島原発事故
http://www.sting-wl.com/fukushima-children2.html
矢ヶ崎教授は原爆症認定集団訴訟でも原告側に立ち、意見書を提出し、勝訴する等しています。
要するに国家や行政、誰でもそうですが、中々自分の責任というものは認めませんし、逃げようとするものですが、被害者の訴えが中々聞き入れられない、ゆえに最後は「裁判」ということになるのだと思います。
原爆でも、公害でも、水俣でも、今までみんなそうでした。

福島に転生した魂は、そこで再び被爆し、健康不安の中を生きています。
小児甲状腺ガンを患う子供もあるかも知れません。
それでも私たちの生き方、この国の原子力政策が変わるのに、十分では無いのでしょうか?
もしそれが汚染の無いエネルギーの方向に変わるのに充分じゃなければ、
それが何かは分かりませんが
もしそれが充分じゃなければ、信じてください、
皆さんは充分な「何か」を起こすでしょう。
ですから今最善を尽くしてください。
別な「事故」が起きる前に。

バシャール Awakening「覚醒」のQ&Aより
100年先の未来に、美しい日本を創りたいと思いませんか?
みんな笑顔に変われるように、精一杯生きましょう!
Present dreams!

2014年11月19日水曜日

バシャールのいう放射能は政府のいう3倍の根拠

質問:今ちょうど、3年前ですが、福島の原発が爆発しました。
放射能はどのくらい深刻なんでしょう?

バシャール:彼らが漏らしている以上です。

質問:はい?

バシャール:彼らが皆さんに教えている3倍以上です。

質問:政府がですか?

バシャール:ええ。彼らが皆さんに話している3倍です。
なぜなら彼らはパニックを起こしたくないんです。
それでもまだ皆さんにできることはあります。

(2014.6.20 Awakening「覚醒」のQ&Aより)


これは今年6月のセッションのバシャールの言葉ですが、
この言葉を聞いて
「何が3倍なんだろう?」
と思った方は多いと思います。
というのは汚染の数値は日々、官民により計測されて、発表されているからです。
残留の数値も定められ、現在は多少、麻痺してしまってる感もありますが、
もしも実態と違った数値があれば、それはすぐ民間に指摘されるはずなのです。
私も自分のところで生産した食品の放射能を、毎月、日本食品分析センターで検査していますが、数値は毎回検出限界以下です。

そう思っていたら、1つ納得できそうな答えを、facebook経由の情報で見つけました。
反原発科学者の旗手、小出裕章さんによると、政府がIAEAに出した報告書の数値が、低く見積もられているのではないか、ということです。
事故により大気中に放出されたセシウム137の総量、それは現在も増え続けていると思いますが、それがおそらくは政府の発表した数値の数倍であろう、と小出さんは推定しています。

以下引用
 では今まで一体どれだけの放射性物質が環境に漏れてきたのでしょうか。国際的な原子力推進団体、原子力マフィアの一つの組織であるIAEAという組織があるのですが、その組織に日本政府が報告書を出しました。その報告書の中に大気中に放出したセシウム137という放射性物質の量が書き込まれています。その報告書の中で、当日運転中だった1号機から3号機を合わせると、広島原爆の168発分をすでに大気中にばら撒いたと、日本国政府自身が言っているわけです。(中略)
おそらくこの2倍か3倍が大気中に放出されたと私は思います。
つまり、福島原発事故は、広島原爆が放出した放射性物質の400倍とか500倍をすでにまき散らしてしまった大変な事故なのです。
WEBRONZA 2013.9.6 より引用
放射線管理区域の東京でオリンピックなど正気の沙汰ではない/「原発は未来犯罪」(小出裕章さん)
http://webronza.asahi.com/bloggers/2013090600004.html


広島原爆の400倍とか500倍というのは、とてつもなくて想像も出来ない数値ですが、
もしそれが実態であるならば(168倍が政府発表です)、とても無事で居られるとは思えません。
今年2014年の7月~9月においても、東日本の水道水からセシウムが検出されているという話もあり、今一度、福島原発事故の実態を見つめ直し、放射能汚染の無い、綺麗な美しい日本を未来に作って行かねばいけないと、強く思います。


水道水からのセシウム検出数値(2014.7~9) ※下記12都県以外は0
単位はBq/kg
岩手(盛岡)もギリギリ入ってる!!(泣)
東京は4位だよ~

みんな楽しくHappy♡がいい♪ 2014.11.02
<でました!>日本全国都道府県水道水蛇口セシウムランキング(2014年7月~9月)より引用
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3943.html


100年先の未来に美しい日本を!
Present dreams!

2014年11月18日火曜日

バシャール 続・続・好きなことで本当にワクワクできるの?

(前回の続き、中略)

バシャール:ですから定義を注意して見てください。
皆さんは様々な意味で、皆さんすべてですが、尻込みします。
ただ自分にとってうまく行かない定義を持っているというだけで。
物事それ自体がうまく行かないんじゃないんです。
皆さんの物事についての定義がうまく行かないのです。

ですから、あなたが質問で、
「私には想像できない、とても信じられない。
人間がいつもエクスタシーを感じていられるなんて」と言う時、
それはあなたがエクタシーについて、
うまく行かない定義を持っているんだよ、ということを教えてくれるのです。
ですからうまく行く定義を作ってください。
するとそれがただ可能だというだけでなく、高い可能性があることが分かるでしょう。

あなたはいつもエクスタシーでいることが出来るのです。
たとえそれが瞑想で表現されたとしても、走り回って表現されたとしても、
創造的で芸術的な表現で表現されたとしても、眠りで表現されたとしても。

それはどんな方法でも表現できるし、すべてがエクスタシーの表現として可能です。
もしあなたが、そうだという定義を作れば。
するとそれが人生において、自ずからその通りに明らかになるでしょう。
よく分かりましたか?


今日は星間エニアグラム パート2(2014.9.27)のQ&Aから、バシャールの言葉を紹介しました。
今日はここまで来て、このシリーズの締めです(笑)
これでやっとこの猜疑心の強い女性も考えて見る気になった様子です。
しかしこのバシャールの畳みかけるような説明と説得力は物凄いですね。
後半凄く早口で喋ってるんですよ。
あなたに夢をプレゼントします!

2014年11月17日月曜日

バシャール 続・好きなことで本当にワクワクできるの?

(前回の続き)
バシャール:あなたは自分の、何をしなきゃいけないかという定義によって、尻込みしてるんです。
そしてある意味、自分が本当にするべきことを犠牲にしてるんです。
何があなたを尻込みさせるんでしょう?
自分が本当にやりたいことをやるに当たって。

質問:思うにこの星の人は皆…

バシャール:みんなというのは止めてください。
社会を本当の自分じゃないことをする言い訳には出来ません。
自分がなりたくない自分で居続けるのに、人間性という考えを使わないでください。
それが自分には得だとしても。

質問:分かりました。

バシャール:いいですか?
ええ、もちろん、皆さんの星では、たくさんの人が自分の好きじゃないことをしています。
しかしそれはただ、それが必要だと教えられて来たからです。
それは違います。
サポートされるためには、自分じゃないことをしないといけないと信じている限り、
サポートされるために、自分じゃないことをしないといけないという考えを受け入れてしまいます。
だけど約束します。
もし本当に、自分を表現できる、やりたいと思うことそのことを、
もっと全体的に行動し始めれば、自動的に自分をサポートできる能力が付いて来ます。
しかし実際にそれを行動しなければ、決して自分には証明出来ません。
なぜならまず先に、自分の波動じゃないものは、経験できないからです。
だからあなた次第なのです。


今日は星間エニアグラム パート2(2014.9.27)のQ&Aから、バシャールの言葉を紹介しました。
前回の続きですが、バシャールも言う時は、中々厳しいことを言います。
後半バシャールは凄い早口なんですが、女性はまだまだ腑に落ちない様子です(笑)
この続きはまた!
あなたに夢をプレゼントします!

2014年11月16日日曜日

バシャール 好きなことで本当にワクワクできるの?

質問:私の扉は開いていると思います。

バシャール:そう思いますか?

質問:えー、開いていると思います。

バシャール:分かりました。では人生で1番ワクワクすることは何をしていますか?

質問:えー、すべてを試しています。

バシャール:失礼、なんですか? 試す?

質問:人間が話す時の、ただの言葉のあやです(笑)

バシャール:分かりました。

質問:私が言ったのは、ほとんどいつも・・・

バシャール:ほとんどいつも?

質問:あぁ、ここでは制限があるんです。

バシャール:おぉ、そうなんですか? その制限はポジティブな意味で役に立ちますか?

質問:時には役に立つし、時にはそうじゃないです。

バシャール:えぇ、私が話してるのは役に立たない方です。立つ方じゃありません。

質問:私たちには物理的な制限があるんです。

バシャール:だから?(So what?)

質問:食べるために働かないといけません。時にそれは楽しくはありません。

バシャール:そうですか。ではあなたは、1番ワクワクすることをしてないんですよね。
ワクワクすることが自分をサポートしてくれると信じられないから。

質問:ええ、この地球で実際に人生の毎瞬を、自分が1番ワクワクすることが出来る人は、1人もいると思えません。

バシャール:いいえ、います。

質問:私は会ったことがありません。

バシャール:お気の毒。
どうして会えないのか不思議ですか?
なぜならあなたが、同じ波動のレベルじゃないからです。
だから会えなかったんです。

質問:それは可能ですか?(笑)

バシャール:もちろん可能性があります。
皆さんの星にこんな言い方があります。
「好きでする仕事は、全く仕事じゃない。」
ですから考えとしては、あなたのする仕事は、ええ、仕事はしないといけませんね、
しかしあなたのする仕事は、自分のワクワク、興奮する波動と、全体的に一致できるのです。
そしてそれは他の何よりもあなたをサポートしてくれます。
あなたが選ぶ、他の自分の1番のワクワクから外れたことよりも。


今日は星間エニアグラム パート2 2014.9.27のQ&Aから、バシャールの言葉を紹介しました。
この部分は会話の妙が面白いのですが、この後、この女性はまだまだ食い下がります。
それはまた次回に。
あなたに夢をプレゼントします!

2014年11月15日土曜日

バシャール 比嘉良丸さん 日本の未来に向けた動き

比嘉良丸さんのブログで、来年に掛けた動きの啓示が掲載されているのでご紹介します。
比嘉さんの活動は祈りを主体として、啓示に基づき、常に全国を回りながら、時に海外にまで足を伸ばし、大難を小難、小難を無難に変える神事を行われています。
そしてその活動の節目には、啓示による様々な未来の動きが伝えられます。

この9月、御嶽山が噴火する直前(1週間ほど前)に、比嘉良丸さんの指示で、支持者により御嶽山で神事が行われていたのは、記憶に新しいところです。
比嘉さんの啓示は、神事を行うことで災難を先延ばしにし、無難に変えるためのものなので、「外れれば成功」、外れるためにする予言なのですが、原発事故の発生や日中間の緊張、軍備強化等、世の中全体の動き、世の中の方向性についての啓示は、当たっていることが多いのです。
というかほとんど当たっています。

今回の啓示では、最悪のシナリオとして自然的・意図的な自然災害による国内経済の混乱から、隣国との戦争へ至る流れが示されています。
ここで描かれている経済混乱の様子は、まるでバシャールと江原啓之さんが予言する経済混乱の様子を描いているようで、とてもリアルです。
つまり「1月」とかいう時期は外れたとしても、ここで描かれる全体的な動きはバシャールの言う10年以内に起きる変化の姿かも知れないのです。
(※ただしバシャールによれば、3.11は他者による人工的なものではなく、私たち日本人の意識の反映として起きました。)

引用開始
災害が少し落ち着き、一ヶ月二ヶ月経った2月3月ぐらいには、世界経済の混乱を目の当たりにすることになり、経済の崩壊、株下落による破産、治安の悪化、政府の対応に対して不満が増えます。
このような状況となれば、反政治的なもの陰謀、テロを相手国や思想家が仕掛ける可能性が高くなります。
半年から10ヶ月経つ頃には、国民の全体が貧困化し、深刻な不安が増し、職場を失った人たちが路頭に迷います。
この状況から立ち直る為に国は、隣国の脅威を訴え、国民の不安を他の国に向けます。貧困層の職場として自衛隊が使われ、災害以前の生活水準や国の体制に整えるにはかなり時間がかかるか、もしくは、難しくなります。
以上こころのかけはし祈りの和 啓示についてより引用
http://mirokumusubi.blog115.fc2.com/blog-entry-2308.html

「古いシステムが崩壊し、権力機構が無くなる」ということは、簡単には行かない訳ですが、この先に、どんなチャレンジが私たちを待っているかの、1つの参考になるかと思います。
他にも比嘉良丸さんは、原発の事故災害について警告と祈りを繰り返しています。

経済的な困難を生き抜くのは、根性があってもシンドイものですが、
ぜひ夢を持って生きて、そして乗り越えましょう!
Present dreams!


2014年11月14日金曜日

バシャールが語る死後の世界

バシャール: その時点から先に進むと、皆さんは、非物理的現実には様々な階層があると気付くようになります。そこではまだ皆さんの意識によって、物理的な体験のように感じる多くの体験が可能です。もはや皆さんが物理的では無いとしても。
皆さんは実際、街や家、あらゆる種類の景観を創り出せるし、それらはとても具体的で、手で触れるようにして体験が出来ます。
しかし違いがあるのは、そこでは空間と時間が全く異なっているということです。
ですからその現実では、イメージすること、考えることがほとんど瞬間的に創造されます。
分かりますか?

質問者: はい。

バシャール: ですから皆さんは実はまだ、たくさんの経験を非物理的な現実ですることが出来るのです。それは物理的な現実のものととても良く似ています。
そして非物理的現実には、隣近所や、コミュニティ、町を作ったり、そういったあらゆるものまで作る人がいます。なぜなら彼らは波長によって、お互いを引き寄せるからです。
分かるでしょうか?

質問者: はい。

バシャール: 皆さんは自分が望めばガイドにもなれるし、別なリアリティにも行けるし、別な次元を探求することもできます。本当に皆さん次第なのです。
そして実は、去ったばかりの人生にある意味戻って、去った所から続けるかどうかさえ、皆さん次第なのです。
自分が死ぬ時、生き続けるかどうか、その時でもまだ選択が出来ます。
皆さんが実際に非物理的現実に完全に行ってしまうと決めるまでは、ただ戻って中断したところからまた始めるチャンスがあるのです。
そしてある意味、自分が本当に「死んだ」ことを忘れてしまうのです。


バシャールが語る「死後の世界」

今日は過去のメルマガを一部引用して、バシャールの言葉を紹介しました。
一度実際に死んだとしても、良く似た違うパラレル・リアリティにそのまま転生し、続きの人生を生きて、死んだことは忘れてしまうというのは、バシャール独特の説です。
「あぁ、死ぬかと思った!」
「違います。あなたは一度本当に死んだんです!」
パラレル・リアリティへの分化とか、パラレル・リアリティへの移動とか、実際はまだ良く分からないわけですが、強力なパラレル・リアリティ論者、バシャールならではの説明だと思います。
あなたに夢をプレゼントします!

2014年11月13日木曜日

バシャール ボイド・ブッシュマン氏の宇宙人証言まとめ

元ロッキードの科学者、ボイド・ブッシュマン氏が、今年8月の死の直前にエイリアンの存在について、証拠の写真を示して証言したと話題になっています。
ここで様々なニュース、解説が見られるので、下に時系列でまとめておきます。
ボイド・ブッシュマン氏の経歴については、ナミキ・ミステリー・リサーチが詳しいです。
このビデオは航空宇宙エンジニアのMark Q. Patterson氏により、この10月にYoutubeにアップロードされましたが(彼のチャンネルがYoutubeに存在しています)、ニューヨーク・デイリーニューズが報じた後に、削除されました。
現在はニュース映像として伝える下記のビデオで、実際のインタビューを見ることが出来ます。




以下報道とブログの記事(時系列)

ボイド・ブッシュマン氏がビデオ証言 2014.8
  ↓
Mark Q. Patterson氏がYoutubeへアップロード 2014.10
  ↓
UFO Sightings Dayly 2014.10.26
Area 51 Scientist Boyd Bushman Last Talk About UFO's and Aliens Before Dying, UFO Sighting News Videos.
http://www.ufosightingsdaily.com/2014/10/area-51-scientist-boyd-bushman-last.html
  ↓
ニューヨーク・デイリーニューズ 2014.10.28
Former Lockheed Martin engineer said he spoke with aliens — and has pictures to prove it
http://www.nydailynews.com/news/national/engineer-claims-conversation-aliens-article-1.1989891
  ↓
新華ニュース 2014.10.30
米国 エンジニアが亡くなる前に異星人の写真を公開
http://www.xinhuaxia.jp/social/50953
  ↓
NMR ナミキ・ミステリー・リサーチ 2014.10.31
ある天才科学者の死 ボイド・ブッシュマン
http://www.nmr.jp.net/article/408072973.html
  ↓
ラジオ ロシアの声 2014.11.1
米国人学者、死の目前に宇宙人の存在を明言
http://japanese.ruvr.ru/news/2014_11_01/uchuujin/
  ↓
天下泰平 2014.11.3
年齢230歳、米国のエンジニアが亡くなる前に異星人の写真を公開
http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/51901308.html


まさにニュースは世界を駆け巡るという感じです(笑)
バシャールは2015年~2017年に、地球外生命の存在が確実に知られるようになると言いましたが、
いや~、もうすでにディスクロージャー祭りのようになってますね~(笑)
あとは人類が冷静に、霊性を高めることを祈るのみです。
あたなに夢をプレゼントします!

2014年11月12日水曜日

バシャール 11.11 誕生日おめでとう、バシャール!

バシャールのオフィシャルのFacebookにバシャールの誕生日祝福のメッセージとビデオが寄せられました。このビデオはエミー・バーネルのBGMに過去の名場面(音声無し)を編集したものですが、オフィシャルYoutubeの方には今朝の時点ではアップされて無かったので、もしかしたらFacebookで先行公開の特別ビデオなのかも知れません。

※ただいまFacebookでは、「Japan Bashar Research. org バシャール大好き!」のページを立ち上げてブログとツイッターの統合、+αの情報発信を試みています。Facebookにアカウントを持ち、ページに「いいね!」して頂けると、更新情報が自分のアカウントに配信されます。

「Japan Bashar Research. org バシャール大好き!」
https://www.facebook.com/japanbashar

メッセージ
ハッピー11-11、それはバシャールのシンボル的な誕生日でもあります。
この特別な日に私たちの愛と感謝を、バシャールとエササニ文明全体へ贈ります。



バシャールおめでとう!そしてありがとう!


2014年11月11日火曜日

バシャール 根本~定義の定義、信念の信念

信念には基盤となる追加として、次の根本信念があります。

「あらゆる信念はただの信念である。
現実の経験はすべて、単に定義の産物である。」

それゆえ自分が望むどんな信念でも、可能な限り完全に体験できるのです。
だから次の瞬間、変えてください、そんな風に。
なぜならただそれだけだと分かってるんですから。
それが鍵です。
柔軟に考えてください。

根本の基盤の定義を持ってください。
あなたのこうあるべきだという定義無くして現実は存在しないのです。
ですから皆さんは、どんな現実でも最大限まで完全に体験出来るし
そして次の瞬間には、全く違う現実が体験できるのです。


バシャール-一部を変えるとすべてが変わる

バシャールの誕生日の今日は今月のメルマガからバシャールの言葉を紹介しました。
あなたに夢をプレゼントします!

2014年11月10日月曜日

松原照子さん 「福島原発以上の事故が又起きる」

松原照子さんは、ご自身のブログで東日本大震災直前に『陸前高田』の地名を含め、地震を予知したとして、一躍有名になりました。2011年の日記を順に読めば分かるのですが、実は原発事故についても、「今年はついに来る、来る」と警告を発していました。
その松原照子さんが、「原発が再稼働すると福島原発以上の事故が又起きる」と、再び感知しています。
亡くなられた福島第一原発の吉田所長が事故当時、感じたのは「東日本壊滅」のイメージです。
仮に原発事故で、日本列島の南北東西の交通が遮断されるようなことがあれば、即、飢餓状態に襲われることを知らねばなりません。
3.11で、店頭から一斉に食料品が消え、そのことを私たちは痛感したはずです。
同じ失敗を繰り返してはいけません。



 松原照子さん「幸福への近道」より
原発政策について

★2014年11月4日(火)

小泉元首相の脱原発には素直に賛成と手を挙げたくなります。
今までズーと書きたくても書けなかったのが福島の原発事故のことです。
(中略)
安倍首相は我国が地震大国だということを忘れているのでしょうか。
原子力発電所が稼働すると、福島原発以上の事故が又起きると思い込んでいる私がいます。
2011年3月15日、あの日私は雨の中に高レベル放射能が混じり人々に降り注いだと思っています。
私達は福島原発事故の真実を知らされることはありません。
小泉元首相は本当のところ、原発事故の恐ろしさを知っているようにも思います。
(中略)

今日は松原照子さんの言葉を紹介しました。
夢を持てるような日本にしましょう!
Present dreams!

2014年11月9日日曜日

バシャール 星間エニアグラムpart1 アヌンナキ

今日は平田眞一さんのブログ、ホモ・ギャラクティカで、星間エニアグラムpart1のアヌンナキの情報が紹介されていましたので、ご紹介します。
アヌンナキは王家の青い血の血統の伝承にその名残りを残していますが、自分達に似せた人類を作り出すのに成功した時、とても喜んだそうです。
また彼らは長身で、大変長命であったそうです。
星間エニアグラムpart1では、他に地球より遥かにネガティブな歴史を体験したオリオンとグレイの文明についても語られています。
それらは機会を見て、またここでご紹介出来たらと思っています。
またはどなたがご紹介された時、こちらでもお伝えします。
平田さんはFacebookもされていますが、私も最近、やっとFacebookのやり方が分かって来たのですが、そちらの方が、情報の交流が活発なような気がします。

【バシャール】 地球人類が皆、ビッグフット(イエティ)になっていた可能性について(^^)
http://ameblo.jp/amano-houri/entry-11949148076.html


あなたに夢をプレゼントします!

2014年11月8日土曜日

バシャール ナスカの地上絵 Nazca Lines

質問:次の質問はナスカの地上絵です。この絵の目的は何でしょう?誰が作ったんでしょう?

バシャール:それは一般的には、エネルギーのマーカー(目印)です。
あるエネルギーの周波数の導波路(waveguids)を描いたもので、
次元間旅行のための、異なるポータルの活用を描いています。

もし皆さんがそれらを計測し、導波路として考えれば、
いかにそれらが、次元間的に異なるポータルを表す、ある周波数を表しているのか分かるでしょう。
それに合わせて調整することで、多くの宇宙船、多くの存在が次元の間を旅するのに利用が出来るのです。

それは先住民によって作られましたが、高次元の存在のテレパシーによるガイドの下に作られたのです。




今日は星間エニアグラム パート2 2014.9.27のQ&Aから、バシャールの言葉を紹介しました。
古代文明についても、バシャールは様々なことを教えてくれますね。
あなたに夢をプレゼントします!

2014年11月7日金曜日

バシャール 江原啓之さんの未来予測 冬支度

日本の地域において移行する人々、
もっと自然なやり方に進む人々、
健康、発電、精神的繋がりなど様々な試みにおいて、
それらの方向により強く進み、
またそれら自然の周波数を、より表す日本の地域に物理的に移り住み、
自然に物事を表現し、より調和的に行う人々は大丈夫です。
そうしない人たちは、そうではありません。

分け目(分裂)、分岐点が、皆さんで言う近い将来、日本の地域にやって来ようとしています。
そこへ至ると、今まで追及して来た、うまく行かない古いシステムがすべて崩壊します。
そして権力機構は、もはや今まで中心だった場所には無くなります。
それは最終的には、現在自発的により自然な方向、地域、手段に向かい、その試みをより自然で調和的な方法で行う人々に移ります。
皆さんには最大でも後10年あります。
(2014.7.17 バシャールを通した高次の存在)


江原啓之さんのスピリチュアリズム東京講座の後期が終わり、やはり相当厳しい未来予測が示されたようです。
それは日本の経済面での苦境、物質的価値観の崩壊とも取れるような変化。
衣食住医において今日を生き抜くことさえ困難と思える時代の到来です。
それを江原さんは「冬支度」と呼びました。
今は、冬支度をする時なのです。

バシャールは未来について何と語っていたかというと、古いシステムが自らの重みに耐えきれず、やがて崩壊する時、スムーズに新しいシステムに変われるように準備しておいて下さいと、いつも語っていました。
特に日本に対しては、Nebulaさんを通じて上のような厳しいメッセージ、そして原発事故を再び繰り返すこと、最大10年以内に海へ流されることを伝えて来ています。

リフレ理論による中央銀行の金融緩和、ビッグバンで、2008年のリーマンショックは日本も含め乗り切ったように見えるのですが、この先、落とし穴があるのかも知れません。
FRBの金融緩和は景気回復により終了しましたが、年末のバシャールのセッション「拡大と収縮」は、このあたりの変化について触れるのかも知れません。

暗く厳しい時代は、根性で生き抜くしかありませんが、原発だけは根性が通用しないのでダメです。

今日はバシャールと江原啓之さんの言葉を紹介しました。
厳しい未来予測でしたが、夢を持って生きましょう!
Present dreams!

2014年11月6日木曜日

バシャール a + b = c

次の式があるとします。
a + b = c。
どれか1つの変数を変えると
全体の式が変わりませんか?
もちろん変わります。
どんな要素でも変えてください。
それが何であれ全体の式が変わります。
現実全体が変わります。


バシャール-一部を変えるとすべてが変わる

今日は今月のメルマガからバシャールの言葉を紹介しました。
メルマガの読者になって、活動を応援してください。
あなたに夢をプレゼントします!

2014年11月5日水曜日

バシャール オークアイランドの埋蔵物

質問:最初の質問ですが、カナダの東海岸のオーク島には何が埋まってるんでしょう?
誰が埋めたんでしょうか。それは混血文明の1つですか?

バシャール:違います。何も関係ありません。
物理的な物で、情報的にも価値のある何かが、その地域に埋められています。

質問:それはすぐ特定されるんでしょうか?あるいはまだその時では無いんでしょうか。

バシャール:可能性のマトリックスをスキャンすると、次の25年から50年の間に発見される非常に高い可能性が有るように見えます。

質問:それは私たちの意識に、どんな影響を与えますか?

バシャール:それは誰が発見するかによります。

質問:もっと教えてください。

バシャール:影響の1つは、皆さんの歴史に対する深い理解がもたらされるでしょう。
今よりも。
それは今まで歴史上、不可能と考えられていたことに、光を当てます。
それが可能性のある影響の1つです。
つまり言って見れば、歴史の考え方を変えるでしょう。

別の影響の可能性は、・・・ちょっと待って下さい。

(バシャールは舌を鳴らして首をひねり、何かと交信している様子)

そうですか?

少し待ってください。

ある存在が私たちに提案しています。

(大きく深い呼吸をする)

分かりました。

彼らが謝まるように伝えています。このことはまだ時期尚早だと。
しかし次の7年以内に、もっと情報が明らかになる高い可能性があります。

参考:
オーク・アイランドの埋蔵金
http://voynich.com/oak/index.html


今日は星間エニアグラム パート2 2014.9.27のQ&Aよりバシャールの言葉を紹介しました。
あなたに夢をプレゼントします!

2014年11月4日火曜日

バシャール あなた=宇宙

事実として、皆さんは次の瞬間にはまったく違う人間なのです。
ということは、まったく違うあなた=宇宙(U - niverse, ユー・ニバース)なのです。
全体的に。
完全に。絶対的に。
あらゆる変化、
皆さんがそれがどんなに小さいと考えても
あらゆる変化は、全体の変化です。

バシャール-一部を変えると、すべてが変わる

今日は今月のメルマガからバシャールの言葉を紹介しました。
あなたに夢をプレゼントします!

2014年11月3日月曜日

バシャール 頭の中で聴こえる声 4

この批判的な声は、象徴的に「偽りの父」と呼ばれて来たそうです。
※「偽りの父」とはキリストがサタンに付けた名前。
なぜならこれらすべての批判、
「それでは不十分だ。」
「おまえは大した人間じゃない。」
「おまえのやってることは間違ってる。」
などという批判的な意味の言葉は、基本的にすべて嘘だからです。
存在における私たち本来の性質、私たちの本当の価値、値打ちについて。

その批判的な声を、古代、認識する時、
私たちの物理的現実は、特に古代、何か自分の外にあるもの、
中に居る自分から分離したものと見られる傾向がありましたので、
この批判的な声の観念もまた、自分の外部に存在する原型の観念に投影されたのです。
なぜなら古代の人の多くは、それが自分自身の意識の一部、精神の一部、
物理次元のマインド(フィジカル・マインド)から生まれていることを、理解しなかったからです。

ですからこの種の批判的な裁きが自分の中に生まれ、
その声が頭の中に聴こえると、
ただ右に倣えで、すべてが自分の外で起きていて、
物理的現実が本当に自分の外にあると考えたのです。
そしてこの批判的な声を様々な観念、悪魔、悪霊、サタン、
それらすべての本質的に「偽りの父」の原型となる象徴に当てはめたのです。

ですからどうか理解して欲しいとバシャールは訴えています。
私たちがこの批判的な声を、頭の中に聴くとき、
ある意味それは、私たちにとって本当は嘘をついているのです。
そして私たちに、本当の自分から明らかに外れてしまった波長を、
調整する機会を与えてくれるのです。


その5に続く

2014年11月2日日曜日

バシャール 次の地球へ 完全アップロード

関野あやこさんのYouTubeチャンネルで、書籍としても発売されている「次の地球へ」パート1、パート2に付いて来るDVDビデオが完全アップロードされました!
たぶん皆さん、今まで聞いたことが無いようなバシャールの、別な地球へシフトするためのメソッド、パラレル・リアリティ・カレンダーや、バシャールの誘導瞑想がたくさん詰まっていますので、これはMust see!、必見です!

次の地球へPart1 再生時間2時間40分


次の地球へPart2 再生時間2時間50分


2014年11月1日土曜日

バシャール 隔離と地球の成長

質問:私たちが、そのすべての本質を忘れている事実は、その理由は、全体の計画の一部なんですか?

バシャール:それは皆さんの計画の一部です。
それは次のような意味で。
地球の変革の波動を通じて、自分が誰かを忘れ、
そして再発見をするという経験をすることにより、
意識の拡大を、自分自身の理解に加えるために。

それは成長過程の一部です。分かりますか?
導きがあってはいけないということではありません。
手助けがあってはいけないということではありません。
しかしそのような成長の、ほとんどの部分は、隔離方針に負っています。
そうではなく、もし私たちが何でもやってあげたなら、皆さんは決して成長しません。


(星間エニアグラム パート2 2014.9.27のQ&Aより)

これも前回の続きの同じ質問者で、地球の隔離の目的についてです。
ここで隔離期間そのものは2012年の冬至で終了しています。
なのでオープン・コンタクトは私たちが望めば、いつでも可能です。
(バシャールによればそれは2025年~2033年の可能性が一番高い)
しかしここでいう「隔離」は、地球のやり方に「ああしろ、こうしろ」と、「彼ら」が介入しないことを指しています。
宇宙は「皆兄弟」だと思いますが、しかしまずは「地球は地球」ということなんですね。
文明としても、集合的に、学びのプロセスがあるのだと思います。
世界平和も、フリーエネルギーも、地道に一歩、一歩ということでしょうか。

2014年10月31日金曜日

バシャール オフィシャル・ハイライト・ビデオ

10月23日以降、オフィシャルから4本のセッションのハイライトが一気にアップロードされました。
これをちゃんと日本語にしようと思うだけで、かなりのエネルギーが必要です・・・!?

Bashar :: "The Voices in Your Head" highlights
バシャール「頭の中で聴こえる声」ハイライト


Bashar :: "Living an Extraordinary Life" highlights
バシャール「とてつもない人生を生きる」ハイライト


Bashar :: "The Passion Principle" highlights
バシャール「情熱の原理」ハイライト


Bashar :: "The Awakening" highlights
バシャール「覚醒」ハイライト

2014年10月30日木曜日

バシャール 地球隔離の目的

質問:地球が隔離されていた事実というのは、理由の1つなんでしょうか?

バシャール:何の理由の1つですか?
隔離というのは、皆さんが介入や干渉なしで、自分で決断し、自分で進化できるようにする目的のためです。
道を外れるかも知れませんが、その道が自分に重要だと決断するように。
これは皆さんが文明として、種として、成熟を始めるのを許す物事の1つです。


(星間エニアグラム パート2 2014.9.27のQ&Aより)

これは前回の質問の続きで、質問者は「地球外文明との交流が、宗教の形態に変化した理由の1つが、地球が隔離されていたことと関係あるのか?」という意味で聞いています。

2014年10月29日水曜日

原発事故のCGの当選を決定しました。

バシャール
もしそれが充分じゃなければ、信じてください、
皆さんは充分な「何か」を起こすでしょう。
ですから今最善を尽くしてください。
別な「事故」が起きる前に。
バシャール
これは5年以内に起きる可能性も有りますが、長くても10年です。
ですから、起こす必要のある変化を起こしてください。
(起こすべき変化を)そのままにすれば、
(起こすべき変化は)海へ流されるでしょう。

ランサーズで原発事故のCGを募集して、3件の応募がありましたが、
検討の結果、peace-junさんのCGを採用させて頂くことにしました。
peace-junさんからはこの画像の他にも、海底に沈む原発のCGも頂戴しています。
頂いたCGは、今後、バシャールのメッセージやブログの記事で
使用させて頂きます。どうもありがとうございました。

https://www.lancers.jp/work/proposal/4045386?1414310463&






2014年10月28日火曜日

バシャール 宗教の起源

質問:こんにちは、バシャール

バシャール:こんにちは。

質問:私もアヌンナキについて質問があります。
宗教はどこから来たのか、宗教のルーツはどこなのか。

バシャール:ええ、ええ。
もし地球外存在とのこの種の遭遇が、皆さんの歴史において実際の事実では無かったら、
皆さんのスピリチュアリティや精神性が、
今日のように、宗教の形で表現されることは無かったでしょう。
これは、私たちが今まで出会った他の惑星と比べて、どちらかと言えば、非常に稀なことなのです。
この種の宗教的な儀式性が、スピリチュアリティや創造との繋がりを取り囲んで、実際に存在するということは。
これは第一にはそれらの交流が、時代を経るにつれて、宗教的な文脈に変化したということです。
そうです。

(星間エニアグラム パート2 2014.9.27のQ&Aより)


地球の宗教のような形態は、宇宙では非常に珍しいというバシャールの言葉は、
ニューメタフィジクスでも見られた言葉で、当時、とても新鮮に感じたものです。
それが最新のセッションで突然聞くことができて、驚いています^^

kudoking

2014年10月27日月曜日

今月のメルマガ 基本原理7 一部を変えるとすべてが変わる

今月10月28日発行のメルマガは「基本原理7 一部を変えるとすべてが変わる」です。

オフィシャルサイトには、この音声の文字起こしが、無料の入門セッションとして掲載されています。(以前は音声も公開されていました。)
"The Fundamentals"
http://bashar.org/transcriptfundamentals.html

その中から印象的な言葉をいくつかご紹介します。

皆さんの定義は、とても強固に見えますが、重さはありません。
しかし皆さんが信じれば、それは鉄で出来ています。
それが信念の性質です。

信念は自己永続的、自己強化的である必要が有ります。
そしてまさにそれ自身の定義によって、少数の例外を除いて
他のあらゆる信念の可能性を排除しないといけません。
皆さんにその信念を「全体的」に体験させるために。

あなたのこうあるべきだという定義無くして現実は存在しないのです。
ですから皆さんは、どんな現実でも最大限まで完全に体験出来るし
そして次の瞬間には、全く違う現実が体験できるのです。


※登録して応援して下さる読者を募集しています。
メルマガ バシャールからのメッセージに学ぶ
http://www.mag2.com/m/0001366294.html

2014年10月26日日曜日

江原啓之さんのつぶやき

江原啓之さんが、「ほぼ日記」で予言のようなことを少しつぶやいています。
これからは、30代、40代、50代にとっては、厳しい時代となるのだそうです。
まさに日々の生活を生き抜くことも、困難とさえ思える時代の到来を予知しています。
「持家かどうかでも違う」とありましたので、これは年金問題や経済問題、そして精神的繋がりの困難を指していると思われます。

この苦境を生き抜くための人間力!つまりエネルギーみなぎるパワーでしょうか?不屈の人間パワーで乗り越えて行きたいものです。
バシャールの特徴もあの凄いパワーですから。
前回のアランのインタビューでもありましたが、地球人はバシャールの5%までのエネルギーしか体験出来ないそうです。
なぜなら燃え尽きてしまうから。
眠らない、食べない。そして超絶パワー。
まるで仙人見たいな感じでしょうか。
高次元の存在というのは、本当に別次元で凄いものです。

2014年10月25日土曜日

バシャール アラン・スタインフェルドの新着ビデオ

先日、アラン・スタインフェルドのインタビューによる300年未来の地球の姿をご紹介しましたが、
ちょうどこの9月末に、アランの新しいビデオが2本、アップロードされていましたのでご紹介します。
先日63歳の誕生日を迎えたばかりのダリル・アンカの様子が、今より若く見えますので、話の内容と合わせて考えても、撮影された時期は何年か前だろうと思われます。
アランによれば、このセッションの続きはまだあるのですが、プライベートセッションであったため、公開が出来ないそうです。

Bashar: Extraterrestial and Spirituality
バシャール:地球外生命とスピリチュアリティ


Bashar in a Spaceship over Sedona
セドナ上空の宇宙船にいるバシャール

2014年10月24日金曜日

バシャール 頭の中で聴こえる声 3

【要約】
この物理的な波動のレベルにおいて、
あなたの頭の中に聴こえる声の否定的な面は、
さらに2つの部分、2つの要素に分かれます。
肯定的な面も同じく2つの波長に分けられます。

中立な観察者を囲むこれら否定的側面の2つの波長、肯定的側面の2つの波長を
見掛け上、男性要素、女性要素と呼びます。
男性的な面と女性的な面です。

否定的な側面では、男性的な面は多くの場合「批判者」と呼ばれることが分かると思います。
それはこんな風に言う声です。
「それでは不十分だ。」
あなたを批判します。
「おまえは大した人間じゃない。」
「自分の力を出し切ってない。」
「それは正しいやり方じゃない。」
「おまえは間違ったことをしてる。」
その他自分に語り掛け、聴かされる
あなたの本質、あなたの存在に対して批判的なあらゆる種類の声です。

多くの地球の異なる文化において、この頭の中の批判的な声は、
様々に翻訳され、解釈されて来ました。
しかし今お話ししているこの国、この州の一般的な人々については、
大多数の神話や物語は、ユダヤ・キリスト教的背景と呼ぶものから生まれたものです。
ですから、この批判的な声がどのように見られるかの例として、
そのような背景から生まれた物語を示すにあたって、
皆さんの古の聖書の記述の幾つかに言及します。

その4に続く

2014年10月23日木曜日

バシャール あなたは今天国にいます

バシャール 「あなたは決して、本来の状態を去ることはありません。
ただ去ってしまったという夢を見ているのです。
皆さんはすべて今、天国にいます。
たった今です。
しかし、そうじゃないという夢を見ているのです。
そのことに皆さんは目覚めつつあります。
そのことを思い出しつつあります。
自分がずっとそこに居たんだということを。

そのことにもっと目覚め、
自分がすでに本来の状態にいるという事実を
もっと思い出すことを自分に許すと
皆さんはすぐに投影された現実が、もっともっとその状態になるのを体験します。

なぜなら皆さんはすでにそこに居るし、
決してそこを離れないからです。離れることが出来ません。
それは不可能です。
なぜなら今とここしか存在しないからです。
ただ今とここの中にいて、他の場所があるような振りをしているだけなのです。

しかしそれで構いません。
それはリアルな経験だからです。
そしてその経験をすることによって、もっと自分について学び、発見することが出来るのです。
時間の無い状態では、変化を体験することが出来ません。
成長を経験出来ません。
新しい視点から自分を発見する体験が出来ません。

そのような理由で、皆さんは時間と空間という夢を創り出しました。
新しい視点から自分を発見するプロセスを実際に体験するために。
存在の構造は決して変わりませんが、存在についての経験は変化します。

そのようにして創造は拡大します。
創造とは、決して変化しない構造の中における、別な場所からの視点なのです。」

(2014.9.6 「頭の中で聴こえる声」のQ&Aより)

2014年10月22日水曜日

バシャール 星間エニアグラム

今、バシャールの星間エニアグラムを毎日聴いていますが、期待を超える素晴らしい、物凄い内容になっています。これは宇宙の文明と歴史のバイブルになると思います。細かい情報を小出しにすれば色々ありますが、一点だけ、オリオンの極度にネガティブな体験をした惑星をバシャールは「フーバ」と言っていましたが、地球の将来コンタクトするバーナード星の惑星を「ウーバ」と言ってましたので、1字違いというか、勘違いなのか気になるところではあります。

これはもう、これからご紹介して行くしかないでしょう!バシャールのアメリカの新しいセッションの情報は、公式には今、ほとんど入って来ていない訳ですが、本来であればすべてのセッションが、日本語で紹介されるような状況が理想です。日本のVoice社が動いていないか、ダリル・アンカが止めているか、難しい問題があるのではないかと思います。アメリカでのセッション内容を、日本国内で紹介することについて、壁があるのかも知れません。これは想像ですが、アメリカでの権利はBashar Communicationsが持ち、日本での権利はVoice社が持っている等。

しかしそれによって、私たちの宇宙への理解と精神性の向上が停滞してしまうようなことがあってはならないのです。「バシャールからのメッセージ」は今後も、数々の素晴らしいメッセージの紹介に真摯に取り組んで行きます。

2014年10月21日火曜日

バシャール ポジティブな未来

アラン 「一体どんな変化が地球に起きたのでしょうか?」

バシャール 「それまでには非常に多くの社会的、経済的、政治的変化が有りました。
皆さんは一種の組織的なシステムと呼べるものを作り出しました。
それは実質的に調整のための機関として機能して、
必要なものが得られるように、技術の調整をしたり、資源の調整を求めに応じて行います。
また無限のエネルギー源と言うべきものが見つかり、惑星の電磁的なエーテル場から直接利用出来るようになります。
そのような意味で、皆さんの惑星の汚染と呼んでいるものの多くがその頃までに回復されています。
また多くの国境が無くなります。すべてではありませんが、多くが無くなっています。
経済制度は社会の個人のスキルに基づいたものに変わり始めます。
現在、人工的な任意の交換手段(お金)と呼んでいるものと代わって。」

「様々な方法で、農作物が多く収穫されるようになり、皆さんの惑星のより多くの人を
養えるようになります。
しかしまた皆さんは、他の惑星にも広がって行くようになります、私たちのものと同じように動作する宇宙船を開発することで。」

(2008年 アラン・スタインフェルドのインタビューより まぐまぐメルマガ2012年1月号より抜粋)

ここでバシャールが語る300年後の地球の姿は、ポジティブな未来の姿だと言えます。
一方、2012年の冬至に始まったパラレルワールドへの分化で、もう一方の地球は「脱線」してしまうともバシャールは語っています。
日本については、このままでは必ず原発事故が起こり、10年以内に海へ流されてしまうと語ってますので、そのような日本の姿がポジティブな未来に繋がるのかどうなのか苦しむところです。
仮に原発事故が起きても、(起きるとバシャールは言っていますが)、日本が全滅する訳ではありません。しかし、今の生活はとても維持できないでしょう。

地球が進化の階段を上がり、第3密度から第4密度に上昇して行くとき、波長に応じた世界に分化するのは、自然な流れだとも考えられます。

2014年10月20日月曜日

バシャール ウィリアム・クーパーが語るUFOとアメリカの歴史

ダリル・アンカがバシャールのチャネリングを公で始めたのは、昨年で30十周年でしたので1984年ではないかと思います。
今日紹介する元米海軍将校の故ウィリアム・クーパーが宇宙人の暴露講演を行ったのは1989年、著書を発表したのは1991年です。
つまりウィリアム・クーパーの講演は、バシャールのチャネリングの後になります。

1984 バシャールのチャネリング始まる
 │
1989 ウィリアム・クーパー宇宙人暴露講演
 │
1991 ウィリアム・クーパー著書発表

この1989年の講演の中で、ウィリアム・クーパーはグレイが種の存続を図るため、アブダクションや遺伝子操作を行っていたことや、米国政府とUFOとの関係等、バシャールの語る内容と共通することを多く述べています。
その講演のビデオがYouTubeに残され、大変な労力を掛けて日本語に翻訳されている方がいらっしゃるのでご紹介します。
徳島在住の物理学者、井口和基さんのブログです。
http://quasimoto.exblog.jp/i8

特にパート4で述べられている次の部分は、バシャールの話と共通します。

この宇宙人のグループは、赤道を回っていた宇宙人に対していぶかしがっていました。そして、我々のスピリチュアルな(霊性的な)発達を助けたがっていました。彼らは最重要条件として我々の核兵器を破壊することを要求したのであります。彼らは我々が技術交換をすることを拒否しました。それは、我々が持つ核技術を我々が霊性的に管理することはできないということや我々の歴史を通じてそれが真実ではないということをこれまでずっと観察してきたからです。
彼らは、我々はいつもそうであるように、どんな技術であってもそれを我々がお互いを滅ぼすために使うだろうと信じていました。この種族は「我々が自己破滅の道を進みつつある。だから、我々が、お互いを殺しあうのを止めなさい。大気汚染するのを止めなさい。地球の自然資源を強奪するのをやめなさい。そしてお互いに調和してそして自然と調和して住むことを学びなさい」と主張しました。


UFO、エイリアンについて非常に貴重な内容で、多くの知見が得られることと思います。
またほぼそれと一致する内容が、Wikipediaの「ミルトン・ウィリアム・クーパー」の項でも見られます。(Wikipediaは井口和基さんの翻訳をそのまままとめたものではないでしょうか?)

またここで語られている内容は、バシャールの星間エニアグラムで言うと、グレイ種族と地球の関係(Part 1)の部分に相当します。

2014年10月19日日曜日

バシャール 余命わずかの元CIA職員が語るエリア51と宇宙人

バシャールはアメリカ政府、軍がET(グレイ、ハイブリッド含む)と交渉を持ち、研究を行い、その事実を知っている関係者が数百名いることを過去のセッションで語りました。
その事実について2013年のシチズン・ヒアリング・オン・ディスクロージャー公聴会で、エリア51で働いていた元CIAの職員が証言したビデオがありましたのでご紹介します。

バシャールのそれまでとは違い、政治の分野について初めて触れるような大胆な「UFO目撃声明」のセッションが行われたのは、2012年の6月でした。
その後UFO情報を求める声は高まり、「国が動かないのであれば 国民が実行するのみ」として行われた2013年の公聴会を経て、ET、UFOの情報公開に向けて、今大きく進んでいるのではないでしょうか。

公聴会についてのオフィシャル・トレイラー




2014年10月18日土曜日

バシャール 頭の中で聴こえる声 2

【要約】
前回説明したような考えで始めて、
毎日、頭の中で聴こえる、一般的に最も共通な声についてバシャールが検証して行きます。
私たちの性格構造の中には、情報のように聞こえたり、声のように聞こえたりする、物事の反映が存在します。
その中心には、中立な観察者とでも呼ばれるべきものがあるそうです。

これは私たちが普通の生活の中で抱く日々の思考や、観察、中立な認識などを表しています。
例えば「ああ、あそこに人がいる」とか「おぉ、あの道を歩こう」
「あぁ、人が近づいて来る」とか「あぁそうだ、今日はこれをしなくちゃいけないのを思い出した」など。
中心にある中立な観察者とは、日常活動の記録のようなものであり、
物理的現実という夢の中での案内についての認識であるそうです。

そして頭の中の声の中立な観察者の場所を囲むようにして、否定的、肯定的な側面があるのだそうです。

その3に続く

2014年10月17日金曜日

バシャール 苦しみを経験する価値

バシャール:もちろん、大いなるすべてにとって、すべての物事は対等です。

あなたがあるレベルで、苦しみと呼ぶかも知れないことは、
すべてのレベルでそのように経験する必要はありません。

ですがそれは経験として存在します。
そして経験として価値があります。
単にそれが自分の好きな経験じゃないと気が付くためだけでも。

しかしそう気が付くためには、それを経験しないといけません。
いいですか?

そしてそれは、好きじゃないことを否定せずに、
自分の好きなことを選択できるチャンスを与えてくれます。

そして好きじゃないことを否定しないことによって、
あなたは本当に苦しみを打ち砕くことができるのです。


(2014.9.6 「頭の中で聴こえる声」のQ&Aより)

2014年10月16日木曜日

バシャール 苦しみと暗闇

質問:いつも苦しんでる人間も居るんですか?

バシャール:ええ。

質問:それはまずい。

バシャール:どうしてですか?1つ質問させてください。宇宙空間をイメージしてください。
夜空を見上げた時に、星が実際に見えるのはどうしてでしょう?

質問:分かりません。

バシャール:そうだと思います。夜空を見上げて星が見えるのは、闇に囲まれているからです。

質問:…ああ、凄い。分かりました。

バシャール:闇が無ければ、光は感じられません。


(2014.9.6 「頭の中で聴こえる声」のQ&Aより)

2014年10月15日水曜日

原発事故のCG募集終了

Lancersで募集していた「津波に飲まれる原子力発電所のCG(静止画)」が締切となり、3件の応募がありました。
http://www.lancers.jp/work/detail/426514

応募していただいた皆様、どうもありがとうございました。
これより選考し、10月末に当選を決定させて頂きます。

上記リンクの提案一覧の画面から、このブログ読者の皆様のお気に入り(☆マーク)やコメントも頂けるようなので、ぜひ皆様もご覧ください。
採用させて頂いた画像は今後ブログ、ツイッター等で脱原発のメッセージと共に使用させて頂きます。
今後も様々な依頼を検討しておりますので、ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

2014年10月14日火曜日

バシャール 音楽

この地球では音楽がとても愛され、多くの音楽と唄があります。
バシャールのセッションでも、音楽についての質問がたくさん出て来ます。
「エササニにはどんな音楽があるんですか?」
「エササニには電子楽器がありますか?」
etc...
バシャールによると、エササニの音楽は地球に較べると幾分単純で、自然発生的に人々が石や木のような物を叩き始め、それが合奏となって広がり、しばらく続くことがあるそうです。
またバシャール達の感覚は、私たちと較べると発達しているので、地球人には単純にしか聴こえないようなシンプルな音の中にも、多くの音色と情報を聴き取ることが出来るのだそうです。
過去のセッションではバシャールがチャネリングして、実際に「唄った」こともあります。
バシャールの唄は他に較べるものが無いほど立派なしゃべりに較べると…でしたが。


下のビデオは10月11日にあさ開で行われた佐々木龍大番頭と音もだちコンサートからBon Voyage(ボン ボヤージュ)です。
とっても素敵な音楽なのでブレイクしないかな~と思っています。


2014年10月13日月曜日

バシャール 星間エニアグラム

9月26日、27日、28日に行われた星間エニアグラムのセッションがついに、オフィシャルからダウンロード開始となりました!
私は早速ダウンロードして、これから聞いて見ようと思っています。

セッション内容は
9月26日 過去の星間エニアグラム オリオン、アヌンナキ、グレイ文明
9月27日 現在の星間エニアグラム エササニとシャラナヤの混血文明
9月28日 未来の星間エニアグラム シリウス、プレアデス、アークトゥルス文明

以上で告知されています。興味のある方はぜひオフィシャルよりダウンロードして下さい。
www.bashar.org/downloads-2014.html

2014年10月12日日曜日

バシャールのいない地球

今日、10月12日はダリル・アンカの63回目の誕生日です。
ハッピー・バースデー!ダリル
Facebookのページからダリルにお祝いを言いましょう。
https://www.facebook.com/darryl.anka

ダリル・アンカの誕生日はバシャールの過去生の地球の誕生日でもあります。
地球の変革を助けるために、エササニからこの地上に生まれたのですね。
同じように多くの地球人の未来生が、エササニであるそうです。
彼らはダリルと同じ目的で、この地上に生まれたのかも知れません。
あなたの未来生はどうでしょうか?

「天の神さまが地に降りて、お手伝い遊ばすぞよ」
「外国の方が早く分かりて来るぞよ」

大本神諭や日月神示にも印象的な言葉があります。

1994年頃、ダリル・アンカがチャネリングをもうやめると言っていたことがありました。ダリルによれば、もともとバシャールとの約束でチャネリングを行う期間を7年と定めていたのだそうです。
その後ダリルの意志によりチャネリングが再開され、現在に至りますが、当時はダリルが出資者を募り宇宙テーマパークを作る構想や、色んなことがありました。今と違いインターネットの情報も少なく、詳しい事情は分かりませんが、そんな情報を耳にして「バシャールもだんだん遠ざかって行くんだなぁ」と実感したことがありました。
そして今と違い情報が少なかったにせよ、私自身も少し遠ざかっていた時期がありました。

今、バシャールは「このチャネリングが起きていることが、オープン・コンタクトに向かっている証です」と語ります。
もしかするとバシャールがチャネリングを本当にやめてしまった平行世界の地球があり、バシャールの情報がまったく得られない地球があるのかも知れません。
あるいは私自身がその時、バシャールのいない地球に別れる分岐点を通過したのかも知れません。

2014年10月11日土曜日

バシャール 種の起源と未来

バシャールは自分がグレイと地球人の混血種(ハイブリッド)であると話します。
グレイも平行世界の地球に暮らしていた地球人ですが、環境破壊や様々なネガティプな要因により種の存続が出来なくなり、平行世界のこの地球の利用可能な人類のDNAを使い、混血種という形で文明の存続を図ったのです。
バシャールの過去のセッションには、地球人類とグレイ人類の2つの平行世界の、ポジティブとネガティブ、二極性を探究した魂の歴史を物語るホロトープのメディテーションがあります。

グレイの地球人とは異なる大きな頭と吊り上った目、手足が長く灰色の皮膚を見ると、放射能の影響や遺伝子操作など様々な変化があったと推測されます。またグレイの文明は感情の働きも地球人とかなり異なります。
グレイと人類の混血種を創るために行われたのが「アブダクション」、主にアメリカで異星人誘拐として起きた一連の事件です。そのためバシャールのセッションには記憶の無い誘拐体験を持ち、多くの混血の子供(ハイブリッド・チャイルド)を持つと主張するアメリカ人が多数登場します。
これは日本人には余り見られない傾向です。日本は単一民族志向ですが、アメリカが多民族国家であるがゆえのメンタリティの違い、国民性の違いもあるような気がします。であれば、バシャールの過去生のダリル・アンカがアメリカ人として表れ、アメリカにおいて英語でチャネリングを行うのも、自然な流れに思えます。あるいはグレイの遺伝子操作プログラムに日本人が含まれていないのか。

しかしバシャールによれば、我々がいくら純血を主張しても、元々の地球古来の遺伝子を保っている訳ではありません。アヌンナキや他の存在により、すでに遺伝子操作を受け、地上の変異種として"進化"して来たのが私たち地球人類です。
元々の地球古来の種としてこの地上で自然な発達を遂げたのは、バシャールによれば「サスカッチ」です。サスカッチは進化の段階で身の危険に応じて次元を移動する能力を獲得し、神出鬼没となりました。それゆえ発見するのが困難です。

地球人類とグレイの混血種はバシャールらササニ人、シャラナヤ(ヤイエル)を含め5種類存在します。ササニ、シャラナヤ(ヤイエル)以外の3つは明らかにされていません。
個人的にその3つには、これからパラレルに分化するこの地球が関係して来るような気がします。
地球人類はやがてこの地上で6番目の混血種へと変化します。そしてそれら6つの混血種が1つになり、7番目の混血種を創る時、この宇宙の歴史にいまだかって無かった存在が誕生するのだとバシャールは語っています。

そしてバシャールが存在する時間軸には、今やグレイも存在していないのだということです。

2014年10月10日金曜日

バシャール 頭の中で聴こえる声 1

2014.9.6に行われたセッション、「頭の中で聴こえる声」が非常に面白かったので、不定期でそのモノローグの要約に挑戦したいと思います。要約といってもここでする要約は、ここまで数年間バシャールの言葉の正確な紹介に取り組んで来たkudoking流の「極限まで正確な要約」(^^;です。つまりこれを読めば、ほぼ誰でも正確な理解ができるという、そんな要約を目指します。(※ただし不定期です)

頭の中で聴こえる声 1

【要約】
このセッションではバシャールの嗅覚を通じて、
「チャネラーの頭の中の声は一体誰なのか?」
そのような問題の様々なレベルについて、バシャールが語って行きます。
まずこれには2つの大きな部分があるとのことです。
物質的なものと非物質的なもの。
そしてそれが頭の中の声として感じられるもの。
考え、インスピレーション、メッセージなどとして。
それはテレパシー的であったり、波動であったり、直観的だったり様々です。

まずは物理的な領域から始めましょう。
次のように理解してください。
すべてのレベルにおいて、
自分の心の中のコミュニケーションとして感じられるものは、
それがいかなるコミュニケーションであっても、
個人の性格構造の否定的、中立的、または肯定的な側面により
フィルターされる可能性が常にあります。

その2へ続く

2014年10月9日木曜日

バシャールの星間エニアグラム

このエントリーを書いているのは10月5日(日)ですが、今の時点ではまだオフィシャルから星間エニアグラムのビデオが公開されていません。
前回もそうでしたが、少し公開のタイミングが遅くなったのかも知れません。もしかしたら質問と質問の間をカットするなどの編集をしているのかも知れません。
そこで天野の祝さんのブログ「Homo Galactica ホモ・ギャラクティカ」で、「星間エニアグラム」のセッションが紹介されていたのを見つけたので、ここでご紹介します。

【バシャール】 宇宙文明を表すエニアグラム
http://ameblo.jp/amano-houri/entry-11932686532.html

セッションで使用された各宇宙文明を表すエニアグラムの図についても説明されています。内容はリンク先よりご覧ください。

2014年10月8日水曜日

バシャールが語るパラレル・ワールドへの分化

バシャール:「皆さんの年で2050年までに、方法がまったく無くなります。
誰であれ1つの道、1つの選択をしたら、
その時点から先は
他のいかなる選択に通じる道も見つけられなくなります。
皆さんはその時点から先は、自分が望む現実だけを体験するようになります。
それが恐れに基づいたものであれ、喜びに基づいたものであれ。

しかし2012年は本格的に、列車がすべて異なるパラレル・リアリティへ向かい
異なる路線に分かれるプロセスが始まります。
そして遠くへ遠くへ、時間とともに離れるほど
別な路線に切り替えるのが、ますます困難になります。
ですから、皆さんが乗りたいと思う列車に出来るだけ早く乗ってください。
そしてその道に留まってください。
そのエネルギーでいてください。
その列車に乗っていてください。
さもないと、やがて幾つかの列車は、自分が脱線したと気付くでしょう。」
(2010.10 クリスタル・スカルのビデオより)

2013.12.21のセッション、"The Year of Reinvention"(再構築の年)のセッションの中で、バシャールが2012年以降のパラレル・ワールドへの分化について、どのように、どんなペースで、どんなスピードで分化するのか詳しく説明しています。そのポイントの部分をアバンダンシアさんがブログで紹介しているのでご紹介します。

分裂していく平行現実
http://www.abundantia-jp.com/%E3%83%90%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%AB/%E5%88%86%E8%A3%82%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%8F%E5%B9%B3%E8%A1%8C%E7%8F%BE%E5%AE%9F/

キャプション バシャール/自己改革の年、より下の部分です。
自分もいつかご紹介したいと思っていましたが、いつになるか分かりませんので(笑)
どうぞリンク先よりご覧ください。